search

close
2016-10-13

【グアム】日本からすぐの南国リゾートで、誰でも手軽にお魚まみれダイビング!

こんにちは。
今回は、成田から3時間40分と飛行時間も短く、99%日本語だけで旅行できちゃう!?身近で手軽な南国リゾート『グアム』でのダイビングをご紹介します!

グアムへは今年の2月、幼馴染の友達と女子2人旅で行ってきました。私たちは2人ともダイビングのライセンスを持っているので、グアムではダイビングをしよう!と出発前から決めていたのです。


潜る準備、浮かれて開始!

お世話になったのは、グアム トロピカル ダイブ ステーション(GTDS)というダイビングショップです。

現地についてからネットで予約をしたのち、メール(全て日本語)でやりとりをして、参加日程とコースを決めました。
私が久しぶりのダイビングだったこともあり、ボートで沖に行き1本潜るコースのツアーに参加することに。ホテルまでの送迎付き、レンタル機材は無料で1人$80でした。
ライセンスを持っていなくても楽しめる体験ダイビングのコースもあります!


グアムの海に、ハファデイ!

ハファデイは、現地の言葉チャモロ語で「こんにちは!」「ようこそ!」です。

ホテルのロビーにお迎えが来て、他のお客さんをピックアップしながらダイビングショップまでドライブ。いつもの行動範囲の観光地街から出るので、車窓から外を見ているだけで楽しい!


いろいろなダイビングショップのボートが停まっているこの港から、出航です。


スタッフは全員、日本人か日本語のペラペラな面白い方たちばかりでとても安心でした。
インストラクターさんと海やダイビングの話をしたり、1個下のボートクルーの男の子と恋愛話で盛り上がったり、ポイントに着くまでの時間もとても楽しかったです!


私たち以外の同じボートに乗っていたツアー参加者は、ライセンスがなくても参加することのできる、イルカウォッチング・バナナボート・シュノーケリングのコースを楽しんでいました。ちなみにお客さんは全員日本人!


いざ、ダイブ!

今回のダイビングポイント Western Shoals に到着したら、機材をセットして

いざ、海中の世界へ!!!

岩のトンネルをくぐり抜けたら・・・。

広がるサンゴ礁に、南国の魚たちがいっぱ~い。

なんとこの日はウミガメにも出会えちゃいました!


魅力的な海の中に夢中になっているうちに、地上でのストレスが全部ちっぽけでどうでもよくなってしまいます・・・。
このまま一生海の中で暮らしたいっ。


しかし、夢のような時間はあっという間で、エラ呼吸のできない私たちは上陸のお時間。

帰る前に、こんなにかわいいTシャツを記念にいただきました!


初めてのグアムでのダイビングは、不便や不安を感じることもなく、たくさんの海の生き物や素敵なスタッフの方との出会いに恵まれて大成功!
インストラクターの方も言っていたのですが、グアムの海は生き物の観察が好きで図鑑を見ながらログをまめにつけたい人・日本だと伊豆の海とかが好き!という人に向いていると思います。



海外でダイビングやシュノーケリングをしたいけれど、英語に自信がない!距離的・金銭的に手軽な場所がいい!という方にも、グアムはとってもおススメな場所です(^O^)

あなたの知らない
しおりをご紹介!

create このしおりを書いたライター

このライターのしおり