search

close

「ライダーハウス」をご存知でしょうか?昔から二輪のツーリング文化が根付く北海道で、二輪乗り向けに営まれている宿の総称です。基本的に、一般のお客さんを受け入れている所は少ないのですが、今回紹介する苫小牧市「モーラップ樽前荘」は誰でも利用できるライダーハウス!美しく静かな支笏湖畔で、一期一会の出会いを楽しみながら、忘れられない時間を過ごす。“北海道ならでは”を気軽に満喫できる素晴らしい宿泊施設です。



北海道のツーリング文化を育んだ「ライダーハウス」

誰しも一度は憧れる北の大地・北海道。どこまでも続く道と青空、言葉にならない美しい景色、温かい人や食べ物との出会い。どれをとっても、他では味わえない素晴らしい冒険が待っています。

そんな魅力あふれる北海道は、いつしか国内で一番人気を誇るツーリングの聖地となり、特に夏休みに多くの二輪乗りが訪れるようになりました。


そんなツーリング文化を下支えしているのが、ライダーハウスの存在。道内に100箇所以上あると言われる二輪向けの安宿です。料金は無料から高くても2000円~3000円ほど。基本雑魚寝で、寝袋必要。そしてオーナーの個性が全面に出た人情味あふれる宿となっているのが特徴です。

そんなライダーハウスは、ホッカイダ―(北海道を旅する二輪乗りの別称)の拠点となっているほか、旅をより印象的にする一期一会の出会いの場、情報交換の場として、今でも一部のマニアな層に愛され続けています。



誰でも気軽に宿泊できる!苫小牧「モーラップ樽前荘」

基本的に二輪乗り以外は受け入れていない宿も多いのですが、一部、一般のお客さんも宿泊可能なライダーハウスが道内に点在しています。その中でオススメしたいのが、今回紹介する「モーラップ樽前荘」!北海道の玄関口となっている新千歳空港・苫小牧西港から車で30分~40分、支笏湖畔に位置しています。

この宿をオススメする理由を簡潔にまとめると、以下の3点です。
(1)公共宿泊施設であり、快適にストレスなく宿泊できる。
(2)他の宿泊者や管理人がホッカイダ―でコミュニケーションが楽しい。
(3)アクセスが良好で、北海道の観光の拠点となる。


まず(1)の点ですが、北海道のライダーハウスの共通点として、小綺麗にしているライダーハウスは少なく「え!?こんなところに泊まるの?」、そして「全員狭い部屋に雑魚寝で、隣の人のイビキが聞こえ放題」といったカルチャーショックを受けることがあります。

しかし「モーラップ樽前荘」は2~3人あたりで一部屋となっているため、そのストレスがかなり軽減されます。また予め、2~3人で予約すれば相部屋を防ぐことも可能!建物も公式宿泊施設として綺麗に清掃され、温かみのあるお洒落なロッジとなっている点もポイントです。


次に(2)の点について、一見ライダーハウスと言うより、小綺麗なホステルのように見える「モーラップ樽前荘」ですが、ちゃんとライダーハウスらしい濃い人たちが集まってくるのが魅力です。

一期一会のコミュニケーションが楽しく、1Fの談話室では夜遅くまで会話がはかどることも!例えば一緒に自炊をしたり、酒を飲み交わすこともよくある日常風景です。



北海道旅行の拠点に!「モーラップ樽前荘」から広がる旅

そして最後に(3)について、北海道旅行の拠点として、非常に利用しやすいのもポイントでしょう。前述したとおり、新千歳空港や苫小牧西港・東港から近いため、旅の前半や後半で組み合わせやすく、また近くの観光スポットにアクセスするのにも便利です。

例えば、後方羊蹄山の山麓に当たる「ニセコ」方面や、北海道有数のカルデラ湖「洞爺湖」は勿論のこと、登別温泉や地球岬など、北海道らしい観光スポットからもとても近い場所に位置しています。


中でもぜひ立ち寄って欲しいのが、洞爺湖へ抜ける美笛峠を越えた先にある「北海道きのこ王国本店」!周囲の大滝区・北湯沢区の温泉地熱を利用した名産のキノコをふんだんに使った料理が食べられます。

特に、名物の「きのこ汁」(100円)は色んなきのこの旨味と栄養が溶け込んだ絶品です。きのこの天ぷらも同時に頼めば完璧なキノコ三昧!

<北海道きのこ王国本店の基本情報>
住所:北海道伊達市大滝区三階滝町637-1
営業時間:9時~18時
電話番号:0142-68-6270
アクセス:モーラップ樽前荘から車で30分


また登山の拠点として利用するのもオススメ!「モーラップ樽前荘」の名前にあるように、ライダーハウスの南側には、支笏洞爺国立公園に属する「樽前山」が位置しており、誰でも気軽に北海道の山の世界を味わうことができます。山頂の異観・溶岩ドームと、途中に広がる道央のパノラマは絶景です。

<樽前山の基本情報>
住所:北海道苫小牧市樽前
アクセス:千歳市街から樽前山7合目ヒュッテまで車で1時間、樽前山7合目から東山山頂まで50分、外輪山一周は1時間半~2時間。
※備考:スニーカーでも登山可能。歩きやすい服装を心がけ、十分な水分と食料を持って登山してくださいね。



「モーラップ樽前荘」に泊まって“北海道ならでは”を楽しもう!

何度行っても新たな風景や出会いがある北海道。旅人を魅了して止まないこの場所で、やはり欠かすことのできない存在が「ライダーハウス」でしょう。常に旅人同士の交流の場となり、忘れられない旅の思い出を生んでいます。

今回紹介した「モーラップ樽前荘」は、そのライダーハウスの中でも最も利用しやすく、それでいてディープな北海道を満喫できる場所。ぜひ一度旅程に組み入れ、訪れてみてはいかがでしょうか?


<モーラップ樽前荘の基本情報>
住所:北海道千歳市 モラップ番外地
開館期間:4月16日~11月15日
電話番号:0123-25-2902
1泊料金:(大人)1500円 (大学生・高校生)1200円 (中学生以下)1000円
アクセス:新千歳空港・苫小牧西港から車で30~40分、苫小牧東港から車で50~60分
※チェックインは17時頃からなので注意



あなたの知らない
しおりをご紹介!

create このしおりを書いたライター

このライターのしおり