search

close


アメリカ、ユタ州を訪れた際にぜひ足を運んで欲しいのが「ユタ自然史博物館(Natural History Museum of Utah)」。

子供から大人まで、すべての人が楽しめること間違いなし!



アクセス・予約

ユタ自然史博物館はユタ大学付属の施設で、大学のキャンパス内にあります。

ソルトレイクシティのダウンタウンから少し離れた場所にありますが、博物館の近くまでバスも通っているので、車がない方も気軽に訪れることができます。

博物館のある丘の麓には上の写真のような看板があるので、こちらを目印として覚えておくと安心です。

私が訪れたとき(2020年9月)には新型コロナウイルスの影響もあり、訪問日に加えて訪問時間も選択し、チケットを購入しました。

チケットは博物館のウェブページから購入することができます。

ウェブページにはイベントや展示内容のお知らせも載っているので、訪れる際には事前にチェックしておくことをおすすめします。



迫力満点!恐竜の化石を見逃さないで!

ユタ自然史博物館を訪れた際にまず注目して欲しいのが恐竜コーナーの展示品たち。

化石の恐竜たちの合間を縫っていくように通路を進んでいくので、特に化石好きの人たちはワクワクが止まらないことでしょう。

私は一緒に訪れた友達と2人で、ユニークな形の骨や不思議な骨格の恐竜を探しながら化石を楽しみました。

私自身「大の化石・恐竜好き!」というわけではありませんが、この博物館ではかなり長い間、展示品に魅了されていました。


この写真の一番奥の大きな動物はみなさんご存知、マンモスです。

大迫力の化石をみなさんにもぜひ、実物で見てほしいです。



人類史も学べる!

この博物館では高校の歴史や生物の授業で習った内容を展示品から学ぶことができます。

階によって展示ジャンルが違い、それぞれのスペースでたくさんの模型や写真を楽しむことができます。

生態系、天体、遺伝など…分野も幅広く、みなさんも最後まで飽きることなく時間を過ごすことができるはずです。

私は特に、人類史のコーナーが心に残りました。

上の写真のように多くの頭蓋骨の模型が時系列で並べられており、ひと目で情報が頭に入ってきました。

「高校の世界史の教科書に載ってたなぁ…。」などと思いながら過去の記憶を刺激するのも楽しかったです。



アメリカ先住民の文化と歴史

ユタ州はアメリカの西部に位置しており、複数の先住民族が暮らしていた場所としても知られています。そのため、観光地やお土産屋さんに行くと“Native American”という文字が書かれた商品を見かけることが多くあります。

この博物館ではそうした先住民族の伝統的な衣装や道具などが多く展示されており、ユタ州の先住民族の歴史を体感することができます。

この博物館曰く、ユタ州では合計8つの民族が先住民族として知られてるそうです。

この8つの中で、ナバホ族以外の民族は私も全く聞いたことがなかったのですが、これを機にアメリカの先住民族についてもっと知りたいと思いました。



以上、ユタ自然史博物館をご紹介しました。

ユタ州を訪れた際にはぜひ、魅力いっぱいの展示品をこの博物館で堪能してみてください。



あなたの知らない
しおりをご紹介!

create このしおりを書いたライター

このライターのしおり