search

close

四国八十八ヶ所めぐり最後の札所として知られる大窪寺。
四国遍路の長旅を終えたお遍路さんが、このお寺に傘や金剛杖を納めて帰路につきます。また古くから女性の参拝を許していたお寺であったことから「女人高野」とも呼ばれています。

四季を通じて参拝客が多いお寺ですが、特に紅葉の時期はその美しさにたくさんの観光客が押し寄せます。見所は石段を覆うように連なる紅葉と境内近くの大銀杏です。

また老舗「八十八庵(やそばあん)」でいただける「打ち込みうどん」は絶品です。あわせ味噌に豚肉・人参・大根・ごぼう・里芋・油揚げなどのたくさんの具材とともに煮込まれているもちもちのおうどん。
一般的なさぬきうどんとは違うスタイルですが、長年に渡って愛されてきた郷土グルメなので一度是非ご賞味ください。




あなたの知らない
しおりをご紹介!

create このしおりを書いたライター

このライターのしおり