search

close

山陽電鉄に乗って海を見よう!

山陽電鉄は、「シーサイドエクスプレス」と呼ばれる別名がある通り、電車に乗ると海を眺められる路線として知られています。今回は、その電車に乗り、途中下車もしつつ絶景を楽しんで来ました。



滝の茶屋駅

山陽電鉄は阪神神戸三宮から山陽網干までを結ぶ路線です。今回、阪神神戸三宮から舞子方面へと向かう電車に乗りました。途中、山陽須磨を過ぎたあたりから進行方向に左を見ると、車窓から海を見ることが出来ます。

これだけでも気分が上がってきます。今回、私は気になった駅で降りてみようと決めており、事前に特にどこで降車するかは決めていなかったのですが、とある駅に近づくにつれ、「これは降りて写真を撮りたい!」という気持ちになりました。それが滝の茶屋駅です。





ご覧の通り、電車から降りると眼下には広い海が広がっていたのです。海から少し高台の位置に駅があるため、雄大な気分で海を眺めることが出来ます。


私が訪れた際は、天気がとてもよかったため、青い空と白い雲、青い海、そして電車とファインダーを覗いて何度もシャッターを押してしまいました。


駅を上から見下ろした写真。絶景のあまり、ずっと眺めていたくて何本か電車を逃してしまいました。


駅には地元の中学校の生徒たちが書いた大きな絵が飾ってありました。海と電車が描かれていて、ほっこりしました。



舞子公園へ

滝の茶屋駅から4駅ほど行った場所に舞子公園駅があります。ここには、舞子公園と呼ばれる公園があり、また、明石海峡大橋が通っている場所としても有名です。先ほどの滝の茶屋駅からも明石海峡大橋を見ることが出来ます。


思っていたよりもずいぶん大きい!橋を通る車の音も聞こえてきます。ちなみに、橋の向こうに見える島は淡路島です。明石海峡大橋を通って淡路島を訪れたことはありましたが、今回改めて近くに歩いて行ってみて、明石海峡大橋の迫力を感じました。


橋を下から撮ってみました。


一通り明石海峡大橋を眺めた後は、舞子海上プロムナードへ。舞子海上プロムナードとは、明石海峡大橋の本州側に造られた回遊式遊歩道で、明石海峡大橋の真下を歩けます。


橋の下を歩くことが出来ます。


歩いている道の途中にガラス張りの場所があり、海を見ることが出来ます。意外と高くて怖かったです。


遊歩道を歩いていると途中でカフェがあります。ここでは明石海峡大橋の下で絶景を眺めながらランチをいただきました。私はオムライスがおいしそうだったのでオムライスをいただきましたが、明石名物の蛸を使ったランチもありましたよ。


カフェからの景色。


舞子公園には孫文記念館や橋の科学館などもあり、じっくりと楽しむことが出来ました。



なかなか遠出することもままならない時期ではありますが、こんな雄大な海を見ていると嫌なことも吹っ飛ぶような気がします。

山陽電鉄沿いには楽しそうな場所もたくさんあるので、また私も訪れたいなと思っています。皆様もふらっと電車旅をしてみてはいかがでしょうか。


あなたの知らない
しおりをご紹介!

create このしおりを書いたライター

このライターのしおり