search

close

琵琶湖の近くにある、織田信長の居城・安土城の跡。今は湖とは隣接していませんが、昔は琵琶湖の内湖が安土山の麓まであって船でのアクセスも可能だったらしいです。

山門をくぐった瞬間から、安土城が他のお城と全く違う種類のものだということがわかります。まっすぐと伸びる石の大手道。お城は攻められることを考えて作られるはずなのに、こんな直線は見たことありません。ガイドさんに聞いたところ、これは天皇をお迎えするための御幸道だったのではないかということです。

安土城は「天守」ではなく「天主」と表現します。これも信長らしいと感じます。信長の住まいの天主の下には天皇のための御殿が造られていたようで礎石が残っています。天皇を見下ろす形で設計されていたことに驚きです。

大手道から天主までの間に、家臣たちの殿屋敷跡が残っています。森蘭丸の屋敷跡が家臣の屋敷跡よりも天主に近い場所にあったりして、興味深いです。




あなたの知らない
しおりをご紹介!

create このしおりを書いたライター

このライターのしおり