search

close

標高3,454メートルにある、ヨーロッパで一番標高の高い駅ユングフラウヨッホ駅。
電車を降りてもまだ建物内。なんせ外は万年雪の氷の世界。そう簡単に出ることはできません。

トップオブヨーロッパと呼ばれる駅と繋がる建物内は、約1時間で巡れる観光ルートになっています。一番の見どころはスフィンクス展望台。
エレベーターで上がる山から突き出た展望台です。

両側には2つの大きな山!標高4,107メートルのメンヒと、4,158メートルのユングフラウです。間近に見える2つの山は、こんなに近くても霧で見えないことも。
外は寒すぎるので早々に戻ります。

再び建物内に戻るとトンネルを掘るのに使われた道具の展示や、氷河の下に作られた氷の部屋など見どころがたくさん。
最後は土産屋やリンツの直営店を見て一周。駅に戻ってきます。




あなたの知らない
しおりをご紹介!

create このしおりを書いたライター

このライターのしおり