search

close

ミラノの中心地・ドゥオモ広場にあるミラノ大聖堂(ミラノのドゥオモ)。荘厳な雰囲気のゴシック様式の大聖堂で、135本の尖塔と3500体もの彫刻が特徴的です。外からは見えにくいですが、中央の1番高い尖塔には金色のマリア像が立てられており、昔はマリア像よりも高い建物の建設は禁止されていたそう。

かつては排気ガスで曇った色をしていたそうですが、約5年かけてファサードを洗浄し、車両の通行を一部規制したことによって、現在は白さが保たれています。

夜になるとライトアップされ、日中よりもより白く、神々しく浮かび上がります。




あなたの知らない
しおりをご紹介!

create このしおりを書いたライター

このライターのしおり