search

close

台湾の台南に位置する歴史スポット。安平樹屋はもともとイギリス商の徳記洋行の倉庫でした。しかし、日本が台湾の統治を開始すると、大日本塩業株式会社安平出張所の倉庫となりました。戦後は台湾製塩の所有になり、台塩の事務局が移転すると倉庫が荒れ果て沢山のガジュマルが茂っていきました。

本来入り口であった場所にガジュマルの根がおり、まるで柵のようになっていました。壁もガジュマルで覆われており、ガジュマルの力強さを感じられます。ブリッジ歩道や展望台もあり、すこし高い位置から見下ろすこともできます。

また、小さなお土産屋やカフェ、貿易の歴史を伝える様々な展示やアートも見ることができます。自然に歴史に様々なことを感じられるスポットです。




あなたの知らない
しおりをご紹介!

create このしおりを書いたライター

このライターのしおり