search

close


ロシアで家庭料理が食べたい?
それなら、Мари Vannaがおすすめ!


Мари Vanna とは?

Мари Vanna (Mari Vanna / マリ・ヴァンナ)はサンクト・ペテルブルクやモスクワのほか、ロンドン、ニューヨークにもお店を展開しているロシア料理屋さんです。ロシアの家庭をイメージした店内はとてもかわいらしくて、まるでおばあちゃんの家にいるような気分を味わえます。

▲ モスクワ店の入り口

私たちがモスクワ店のディナータイムに訪れた際は、すでに満席で入れなかったのでその場で翌日のランチの予約をとりました。公式サイト等でも予約を取ることができます。



さっそく店内へ!

入り口で名前を言い、コートを預けたら、いよいよお店の中へ!

入った瞬間、思わず「かわいい...!!」と口にしてしまう素敵な店内。
日本のガイドブックにも載っているので観光客が多いのかと勝手に思っていましたが、親戚同士の集まりなどローカルの方々で賑わっていました。


▲ かわいらしいテーブルセットに胸が踊ります。



気になるメニューは?

代表的なロシア料理の多くが揃っているので、きっとあなたの「ロシアでこれが食べたかった!!」が味わえるはず。ロシア語だけでなく、英語メニューがちゃんとあるのも嬉しいですね。

メニューのほんの一部ですが、私たちが頼んだ料理をご紹介します。

▲ フルーツティー Fruit Punch(320 RBL)

お茶の種類が豊富なので、どれにしようか迷ってしまいます。コロッとしたフォルムのティーセットにはお茶がたっぷり入っているので、食後までずっと楽しめますよ。


▲ ボルシチ(550 RBL)

ロシア料理と聞いてまず思い浮かべるのは、ボルシチではないでしょうか?実はウクライナの伝統料理なのですが、ロシアをはじめ東欧諸国で親しまれています。
ボルシチは、サワークリームと一緒にいただくのが定番。スープはウェイトレスさんがお鍋で持ってきて、席でサーブしてくれます。


▲ ビーフストロガノフ(650 RBL)

こちらもロシアの代表料理、クリーミーな味わいのビーフストロガノフ。付け合わせは、なんと蕎麦の実!


▲ イクラのパンケーキ(690 RBL)

ロシア風パンケーキ、ブリヌイ(блины)もおすすめ!
イクラやサーモンを使ったお食事系と、チーズとフルーツを使ったスイーツ系があります。

お気づきかもしれませんが、実はロシア料理にはイクラや蕎麦など日本人に馴染みのある食材も使われています。初めは「イクラのパンケーキ?」と思うかもしれませんが、これがとっても美味しいんです!ブリヌイは色々なレストランで売っているのでロシアに行く機会があれば、ぜひ一度は食べてみてほしい料理です。



心もおなかも大満足!

見た目もお味もはなまるな料理で食後は幸せいっぱいになりました。
ちなみに、お化粧室もこだわりが詰まっているので帰る前にぜひ寄ってみてください。(外で見つけるのは大変ですしね!)


最後は、看板猫ちゃんが見送って(?)くれました。

ぜひ皆さんもМари Vannaで心温まるロシアな時間を過ごしてみてください。


あなたの知らない
しおりをご紹介!

create このしおりを書いたライター