search

close


アフリカには行ってみたいけど行く勇気がない...そのような方はたくさんいるのではないでしょうか?アフリカは治安が悪いというけれど、ちゃんと気をつけていれば大丈夫です!私は年末年始に10泊11日で南アフリカ共和国、ナミビア、ボツワナ、ジンバブエ、ザンビアの5カ国を訪れました。(わたし含め4人、バックパッカー)

小さなハプニングは多々あったものの、無事楽しい旅をすることができたので、各国の交通事情、宿情報、ご飯情報や観光地などを紹介して行きます。ぜひ参考にしてみてくださいね!




旅程

航空券は日本↔南アフリカ共和国(ヨハネスブルグ)の往復で13万円のチケットをとりました。そのため、一か国目は南アフリカ共和国です。
到着したのはヨハネスブルグですが、ヨハネスブルグには寄らずにそのままケープタウンに移動しました。
今回の記事では、喜望峰、ボルターズビーチについてお話しします!

■日本~南アフリカ共和国のスケジュール
12/27 15時 成田発(北京乗り継ぎ)
12/28 6時 ヨハネスブルグ国際空港到着(※ヨハネスブルグは観光せずそのままケープタウンへ)
12/28 15時 ケープタウン国際空港到着
12/28〜30 ケープタウン観光(28日:ショッピング、29日:喜望峰、ボルターズビーチ他、30日:テーブルマウンテン、ワイナリーツアー)
12/31 6時 ケープタウン国際空港発
12/31 9時 ナミビア ウィントフック空港着




喜望峰への行く方法

喜望峰(英語名: Cape of Good Hope)はケープタウン市内から車で1時間30分程度で行けます。行き方は3つありますが、私たちはレンタカーを借りて行きました。
1.現地ツアーに参加
2.レンタカーを借りて自分たちで運転する
3.タクシーで行く

現地ツアーに参加だとそれなりにお金がかかりますし、行く場所が限られてしまいます。タクシーも同様です。レンタカーだと自由に寄り道もできるので、4人くらいいるのであれば、レンタカーを借りるのがおすすめです。

※レンタカーの予約について
レンタカーは日本にいるときに予約した方が楽です。私たちは調べた中で一番レンタル料が安かった、Hertzという会社で借りました。ちなみに、南アフリカは四駆でなくても大丈夫です。朝8:00から1日借りて10,000円弱、4人で割れば1人2,500円ととても安いです。
手続きはスムーズでしたが、店がオープンする8時に行くと観光客が殺到して混むので、8時少し前に到着しておくとより良いと思います。ただしオープン前は看板が出ておらず、なかなかHertzのお店を見つけられないので要注意です。




喜望峰までの道のり

レンタカー手続きが終わったらあとは喜望峰を目指すのみ!車にカーナビは付いていますが、新しくできた道路などが掲載されていないことも多いのでGoogle Mapsを見ていく方が安全です。喜望峰までは海沿いを走って行くのですが、これがもう本当に綺麗でした。


45分くらい走ると小さな港町があります。この港町にはレストランやスーパー、売店など一通りのお店が揃っており、休憩所として最適です。駐車する場所は何箇所かあるのですが、警備員がいるところを選んだ方がいいです。車上荒らしがあるみたいなので。最後車を出すときに警備員に10ランド前後(70〜80円前後)渡せばOKです。
また、スーパーでパイナップルやマンゴーなどを購入したのですが、めちゃくちゃ甘くて美味しかったです。アフリカに行ったら現地のスーパーでフルーツを買うことをおすすめします。


港町の近くに綺麗なビーチもあるので、時間があればぜひ立ち寄ってみてください。


港町からさらに45分ほど進むと喜望峰へ行くためのゲートにつきます。ゲートには11:00頃到着したのですが、観光客はみんなお昼頃到着を目指すのか、渋滞がすごかったです... 渋滞に巻き込まれるのが嫌な場合は朝早く出発してどこにも寄らずに喜望峰に直行することをお勧めします。





喜望峰とケープポイント

ゲートを抜けると、「Cape Point」という看板と「Cape of Good Hope」という看板が出てきますが、喜望峰は「Cape of Good Hope」です。私たちは最初「Cape Point」が喜望峰だと思ってそっちに行ってしまいました笑
「Cape Point」も絶景なので、喜望峰だけでなくぜひ「Cape Point」にも行ってほしいです。(2箇所の距離は車で10分程です)

「Cape Point」の頂上に行くには歩くか、ケーブルカーに乗るかなのですが、ケーブルカーが割と高かったので歩きました。歩いて20分くらいで頂上まで行けます。結構な坂道+直射日光でなかなか辛かったですが、頂上からの景色は格別でした。


「Cape Point」でかなり満足してしまい、「Cape of Good Hope」は頂上まで登りはしませんでしたが、喜望峰からの景色もとっても綺麗でした。





ボルターズビーチ

ケープポイントと喜望峰で遊び倒して15時頃。私たちは、次にボルターズビーチに向かいました。ボルターズビーチは閉まる時間が決まっているのでお昼を食べずに急いで向かいます。閉まる時間は時期によって異なるみたいなので夕方以降に行く場合はしっかり調べた方がいいです。

ボルターズビーチは野生のペンギンが生息しているビーチで、喜望峰とケープタウン市内の中間地点にあります。ボルターズビーチ付近になるとペンギンマークの案内看板が出てくるのでそれに従えば駐車場まで行けます。入場料は1人152ランド(1,100円程度)。ここも割とお金がかかりますが、入ると数えきれないほどのペンギンがいて本当に癒されるのでぜひ行ってください!





ケープタウンで夕飯

朝8時に出発し、港町、ケープポイント、喜望峰、ボルターズビーチで思う存分遊ぶと、ケープタウンには19:00時頃に戻ってくるようなイメージになります。
レンタカーは日本と同じように既定の時間まで(だいたい20時)に返せばOKです。
無事ケープタウン市内に戻ってきた私たちは、お昼を食べ損ねていたので美味しい食事が食べたい!と考え、市内で評価の高いアフリカ料理のレストランに行くことにしました。

「Mama Africa」と「Gold restaurant」のどちらかが良かったのですがどちらも空いておらず、結局宿泊しているAwesome Backpackersの近くにあるレストランに入りました。ママアフリカはショーもやっているようでお店の雰囲気もとっても良かったのでぜひ行ってみて欲しいです。

ちなみに夜のケープタウンは必ずUberで移動することを推奨します。近い距離だからと数百メートル歩いたのですが、本当に怖かったです笑
特に何もありませんでしたが、一本道がそれれば真っ暗ですし、奇声を発しているような人も見受けられて物騒でした。油断は禁物です。




その他お役立ち情報

宿:Awesome Backpackers
Booking.comで口コミ評価が高い宿で、ドミトリーなら一人当たり1,000円程度で宿泊可能です。全体的にとても綺麗で、シャワーもお湯がでますし、Wifiもつながりますし、何よりスタッフがとっても気さくでお勧めです!

SIMカード&変換プラグの調達:ウォーターフロント
南アフリカの変換プラグは日本で購入するのが難しく、アフリカ現地で調達する必要があります。
Awesome Backpackersから徒歩15分くらいのところに、H & Mなども入っている大型ショッピングモール「ウォーターフロント」があるので、そこで調達するのがおすすめです。ちなみに、そこでSIMカードなども購入できます。
また、ウォーターフロントには美味しい食事もそろっているので食事に困ったらここに行きましょう。



次回は南アフリカ・ワイナリー編になります!ぜひお楽しみに~





あなたの知らない
しおりをご紹介!

create このしおりを書いたライター