search

close
2019-12-02

【フロリダ】ディズニーだけじゃない!オーランドに行ったらバルーンライドがお勧め☆


フロリダ州オーランドと言えば、真っ先に思い浮かぶのは、ウォルトディズニーワールド(WDW)ではないでしょうか?オーランド=WDWのイメージが強いかもしれませんが、実は他にもたくさんのテーマパークやショッピングモール、ゴルフ場等があり、全米屈指の観光都市なんです!

温暖な気候で冬でも半袖で快適に過ごせるため、年中アメリカ国内外からの観光客でにぎわっています。今回はWDWを旅のメインにしている方へ、近場でお勧めしたいアクティビティをご紹介します☆




アメリカNO.1の大きさを誇る気球のツアー(Orlando Balloon Rides)

ロープ無し、完全に風とスタッフの腕にかかる1時間のライド。朝日を浴びるオーランドの街並みと自然を見ることができる、とても素晴らしい気球ツアーです。日の出前に出発するため、集合時にはまだまだ真っ暗(笑)


オーランドバルーンライドでは、気球の組み立てから解体までを体験することができます。日本ではなかなか出来ない体験ですね。徐々に大きくなっていく気球を見ながら、こちらのテンションも徐々に上がってきます。

大きな気球が完成したら、籠の中には15人〜20人くらいが乗り込みます。事前にショップで身長と体重を聞かれますので、重量調整をされているのだと思います。




カールじいさんの空飛ぶ家気分?

風や朝日を感じながら、少しずつ浮いていく感覚はなかなか不思議な感覚です。自分自身は籠の中に入っているので、安定していますが、外を覗き込むとちょっとぞわっとする感じもあります。

朝は霧が発生しやすいとのことでしたが、それさえも美しい景色で、地平線から太陽が顔をだし、だんだんと空の色が移り変わっていきます。何とも言えない神秘的な時間を過ごすことができます。

オーランドは湖が多い地域で、こうして上から見ると湖によって不思議な区割りとなった街並みを見ることができます。ミニチュアの世界を見ているようです。


着陸はちょっとした怖さもありましたが、大きな衝撃はなくストンと着陸。あっという間に1時間が終わってしまいました。

160ドル~180ドルと少し費用はかかりますが、それだけの価値があるのではないかと思います。
心に染み込む、一生忘れないであろう体験でした。

また、組み立てに引き続き、解体も乗客+スタッフ全員で行います。外されたバルーンを小さくたたむために空気が入らないように、全員で押しながらスタッフが巻いていきます。こんな経験なかなか出来るものではありませんね。

WDWも日本人観光客はそこまで多くない印象でしたが、このバルーンライドでは自分たち以外に日本人グループはいませんでした。なかなか穴場のアクティビティ^^
オフィスにあった「どこから来ましたか?」のマップも日本に刺されたピンはすくなめ。





予約方法

バルーンライドは、日本人からすると穴場アクティビティですが、各旅行会社やアクティビティ手配の会社から、オプショナルツアーが組まれていますので、出発前日本でも予約が可能です!もちろん日本語サイトとなっているため安心です☆ただ、オーランドバルーンライドのスタッフさんは皆さん英語対応となりますので、直接お問い合わせの際はご注意ください。




朝ごはんならココ☆ Keke’s Breakfast Cafe

早朝スタートの気球ツアーは、午前中の早い時間帯にホテルに戻ってきますので、そのままWDWや他のテーマパークに直行!というハードスケジュールもOK!
ゆっくり朝ごはんを食べたり、アウトレットが近いのでお買い物に行ったりしてもいいかもしれませんね。

朝ごはんならKeke’s Breakfast Cafeがお勧め!パンケーキレストランではありますが、他にもワッフルやエッグベネディクト等もあります。雰囲気はファミレスに近いかも・・・?
そこそこ混んではいますが、店内が広いため待つことは少ないようです!



以上、オーランドで是非体験してほしいバルーンライドをお伝えしました。




あなたの知らない
しおりをご紹介!

create このしおりを書いたライター