search

close


近場で日本から行きやすい香港・マカオ。
観光スポットもたくさんありますが、実はのんびりと街を歩いて写真を撮ったりグルメを楽しんだりというのも素敵です。
普段、街並みを撮影するのが好きな人におすすめな、香港・マカオの街並みとグルメを紹介します。




まずは香港から

香港島の「中環(セントラル)」は坂道が多いですが、お店や路地の雰囲気がとってもおしゃれで歩いているだけでウキウキしてきます。中環付近は少し洋風な街並みだと感じました。さまざまな雑貨屋や洋服屋があり、食べ物に関しても様々な国の食べ物がありました。おしゃれなエスニック料理屋でお昼を食べました。







おしゃれな建物ですよね。PMQという商業施設のようで、中には様々なアーティストの洋服やアクセサリー、お茶や食品などが扱われており、女性ならここで何時間も過ごせちゃいます。

2階建てバスもありました。香港は地下鉄が通っており、とても快適に移動することが出来ますが、こうやってバスに乗って街並みを見ながらのんびり移動するのも素敵な旅だなと思います。




お次はマカオ

マカオは香港から1時間ほど船に乗ると到着します。世界遺産が多くあるので、それを回りながら、素敵な家やマンションなどの建物を見るのもとても楽しいです。世界遺産を撮影するだけでなく、街並みを撮影してみるとおしゃれな写真が撮れるかもしれません。







道の模様がとっても素敵です。カラフルな建物や素敵な模様の場所が多く、見ていて思わず心が踊ってしまいます。黄色の建物をよく見た気が…私が好きで多く撮影したからでしょうか。




グルメ編

それでは、次はおすすめグルメ編です。

○お粥

香港は、朝食を食べることの出来るお店が多くあります。

まずは、お粥。香港の繁華街である尖沙咀にある「洪利粥店茶餐廳(Hung Lee Restaurant)」という店に行きました。香港のローカル店そのものの雰囲気で、朝食が味わえるこのお店。メニューはすべて広東語と英語で表記されているので、英語を頼りに注文をしてみました。周りを見渡すと、朝はお粥か麺類を食べている人が多かったです。

優しいお出汁の味が効いていてなめらかな舌触り、上のパクチーが味をキリっと締めてくれ、とってもおいしい!熱いお粥をフーフー言いながら食べるのが、とってもよかったです。お粥の量はどんぶり一杯分というところでしょうか。少し多めではありますが、本当においしいのでペロっと食べることが出来ました。



○マカロニスープ

香港ではローカルなお店からレストランのようなチェーン店まで、さまざまなお店の朝食メニューとして記載されており、非常にメジャーな朝食のようです。とっても意外で驚きました。私たちが食べたのはとあるレストランのマカロニスープです。

マカロニとチキンが入ったスープに、目玉焼きとトースト、ハム、ミルクティーがついていて、とってもボリューミー。先ほどのお粥もそうなのですが、香港の朝ごはんは量が多いですね。私は濃厚でミルクの味をしっかりと味わうことの出来るミルクティーが大好きで、滞在中ずっと飲んでいました。



○点心

香港に来たら、なんといっても点心を楽しみたいですよね。

小籠包だけではなく、点心もたくさんあり、メニューには日本語も表記してくれていたので、安心して注文できました。写真右手にあるのは肉まんなのですが、包んでいる生地がメロンパンのような甘さで、肉との相性がばっちり!



○マカオ料理

マカオはその歴史からか、ポルトガルに強い影響を受けた料理が多くあります。


スペアリブやポテト、シーフードを使ったリゾットなどの洋食を味わうことが出来て、お店もおしゃれな雰囲気でした。
思う存分、お肉やシーフードを味わうことが出来ますよ。

そのほか、エッグタルトも有名で、人気店はずらーっと観光客が並んでいました。





みなさんもぜひ、行ってみてください!

あなたの知らない
しおりをご紹介!

create このしおりを書いたライター