search

close


Bremenです!

今回京都紅葉撮影の旅で初めて訪ねた瑠璃光院。拝観料や立地の関係で後回しになっていましたが、とうとう行ってきました。2階の書院のテーブルもみじが有名ですが、それだけではなく、お庭のコケの素晴らしさや風情を感じられ、とても有意義な時間が過ごせました。

春と秋の特別公開でしか拝観できません。12月10日までにお時間がありましたら、ぜひ訪ねてみて欲しいです。ここだけでも訪ねる価値はあります!





瑠璃光院とは

京都北部八瀬に季節限定公開の名勝「瑠璃光院」があります。
自然を背景とした「瑠璃の庭」、そしてテーブルもみじで有名な数奇屋造りの書院があります。秋になると心奪われるような紅葉美が目の前に広がります。





書院2階テーブルもみじ

2階の書院にはテーブルが置かれていて、そのテーブルに反射するもみじが、目を奪われる光景となります。

お互いに順番で最前列を待って、それぞれ反射を入れて撮影しています。じっくり眺める時間はなく、ただ撮影に没頭する時間になります。

少しはなれたサイドからは、ゆっくり眺めることができます。





書院2階

テーブルもみじの撮影後は2階の書院の窓から庭をのぞいたり、反対側の庭をのぞいたりのんびりできます。





瑠璃の庭

書院1階に降りると、瑠璃の庭が目の前に広がります。コケの素晴らしい光景と、紅葉のコラボをのんびり鑑賞できます。2階の賑わいからはかなり静かな状況に変わります。

庭には出られないので、この光景は本当に自然の光景です。あまりに美しいのでシャッターを切りました。





臥龍(がりょう)の庭

庭を歩けないのが残念なくらい、自然にマッチした本当に素敵なお庭です。池もありコイが優雅に泳いでいます。

こちらも自然のままの姿のショットです。
こんな素晴らしく美しいコケはなかなか見られません。





茶庵「喜鶴亭(きかくてい)」の裏庭と茶室

入れませんが茶室の窓からも見事な紅葉とお庭が見られます。





山門

瑠璃光院の入口出口の山門です。
風情のあるもみじが出迎えてくれます。





最後に・・・

春と秋に行われる特別公開の時期以外は、拝観が出来ない瑠璃光院です。よって、公開中の混雑は必至です。朝一番に訪ねるのが定石です。
それだけ時間とお金をかけても後悔しない、とても素晴らしいお寺です。また来年もぜひ訪ねたいと思いました。




瑠璃光院 2018年 秋の特別拝観
期間 2018年10月1日(月)~12月10日(月)
拝観時間 10:00〜17:00
拝観料 一般2,000円



store紹介した場所

瑠璃光院

place

京都府京都市左京区上高野東山55
(GoogleMapで見るopen_in_new)
directions_transit
叡山電鉄「八瀬比叡山口駅」下車徒歩5分 / 比叡山ケーブル「八瀬駅」下車徒歩5分 / 京都バス「八瀬駅前」下車徒歩7分

あなたの知らない
しおりをご紹介!

create このしおりを書いたライター

このライターのしおり