search

close
2018-07-18

チームラボが京都の夏夜を彩る!世界遺産「下鴨神社」で幻想的な光と音の祭りが開催


画像:報道用資料より

京都・下鴨神社では2018年8月17日(金)~9月2日(日)の期間、「下鴨神社 糺の森の光の祭 Art by teamLab」が開催予定です。光と音とデジタルテクノロジーを駆使して、下鴨神社の参道沿いの木々と楼門内を人々の存在によって変化するアート空間に変えます。

このイベントは人気アートコレクティブ・チームラボが行っている、非物質的であるデジタルアートによって「自然が自然のままアートになる」というアートプロジェクト「Digitized Nature」の一環です。




会場は、世界遺産「下鴨神社」

写真:「【京都】紅葉も美しい! 縁結び・女性の美の神様として有名な 世界遺産『下鴨神社』」(ライター:Bremen)より

本イベントの会場となる下鴨神社(正式名称:賀茂御祖神社)は、「古都京都の文化財」のひとつとして世界遺産(ユネスコ世界文化遺産)に登録されている神社です。そんな歴史ある下鴨神社の境内に広がる「糺の森(ただすのもり)」が、現代のデジタルアートによって夏の期間彩られます。




京都の夏夜を彩るアート作品

画像:報道用資料より

下鴨神社の糺の森の中の参道では「呼応する、たちつづけるものたちと森 – 下鴨神社 糺の森」の展示が予定されています。参道の立ち続けるものたちと木々の光は、それぞれ自立しており、ゆっくりと呼吸しているかのように強く輝いたり消えたりします。

立ち続けるものたちは人に押され倒れかけると、光の色を変化させ、色特有の音色を響かせます。そして、その光は、放射状に近隣の立ち続けるものたちと木々に伝播していきます。伝播した光は、同じように音色を響かせながら、立ち続けるものたちと木々に連続して広がっていきます。


画像:報道用資料より

下鴨神社の楼門の中の空間では「呼応する球体 – 下鴨神社 糺の森」の展示が予定されています。光の球体は自律し、強く輝いたり消えたりし、まるでゆっくりと呼吸しているかのように振る舞います。

光の球体は人が叩いたり何かにぶつかったりして衝撃を受けると、光の色を変化させ、色特有の音色を響かせます。そのまわりの球体や木の光も呼応し、同じ光の色に変化し音色を響かせていきます。そして次々にまわりの球体や木の光も連続的に呼応していきます。




日本の歴史と最先端デジタルアートが融合した「下鴨神社 糺の森の光の祭 Art by teamLab」に足を運んで、京都の夏夜を満喫してみてはいかがですか?




「下鴨神社 糺の森の光の祭 Art by teamLab」開催概要

イベント名:下鴨神社 糺の森の光の祭 Art by teamLab

会期:2018年8月17日(金)~9月2日(日)

会場:下鴨神社(賀茂御祖神社)糺の森 京都府京都市 左京区下鴨泉川町59(※糺の森南側、御影通りからご入場ください。)

時間:18:30〜22:00(最終入場21:30)

入場料:平日1,000円 土日1,200円 (※小学生以下無料)
※8月17日(金)~19日(日)3日間のみ使用可能な限定前売ペア券 1,200円(2名1組)
※前売ペア券は、枚数限定で販売いたします。
※販売場所: ローソン・ミニストップ各店舗
※Loppi【Ⅼコード: 57291】 ローチケ:http://l-tike.com/tl-sg/
※開催中は、会場でも販売いたします。

主催:下鴨神社 糺の森の光の祭 Art by teamLab実行委員会

協賛:TOKIO インカラミ

公式ホームページ:https://www.teamlab.art/jp/e/shimogamo-lightfestival2018/

あなたの知らない
しおりをご紹介!

create このしおりを書いたライター

このライターのしおり