search

close


旅先での休憩に、お洒落なカフェを探して立ち寄る方も多いのではないでしょうか? せっかくなら、“その土地らしさ” を感じられるお店を選びたいですよね。

今回は静岡駅から徒歩8分の、静岡らしい(?)こだわりを感じられるカフェ「MARUZEN Tea Roastery」をご紹介します。




お洒落な「お茶」の専門店

静岡呉服町名店街に位置する「MARUZEN Tea Roastery(マルゼン ティー ロースタリー)」は、お茶の新しい楽しみ方を提案する日本茶専門店。ティージェラートと、ハンドドリップの日本茶が楽しめます。茶葉はもちろん、静岡県産!

白を基調としたスタイリッシュなお店です。






“焙煎温度” で選べる!? お茶のジェラート

「MARUZEN Tea Roastery」のティージェラートは、“焙煎温度” で選べるのが特徴!

こちらがティージェラートのメニュー。(単品 450円 / ダブル 700円)

「0°M ノンロースト(焙煎なし)」、「80°M 玉露の焙煎」、「100°M ライトロースト(浅煎り)」など、非常に細かいメニュー設定・・・! お茶のジェラートだけでこんなにも種類が豊富なカフェは、他に見たことがありません。

▲ 左から 0°M、100°M、200°M

編集部は3種類のティージェラートをいただきました。果たして違いが分かるのか、自信がまったくありませんでしたが・・・、一口ずつ食べてみると違いは瞭然! 複数人で訪れるなら、ぜひ食べ比べを楽しんでみてください。

ちなみに、こちらのお店で一番人気のティージェラートは「200°M ダークロースト(超深煎り)」だそうです!




店内で焙煎された茶葉を、ハンドドリップで

ジェラートだけでなく、ドリンクも焙煎温度で選ぶことが可能。店内の工房で焙煎された静岡県産の茶葉から、まるでコーヒースタンドのように一杯ずつハンドドリップで淹れられます。

暑い季節でも、ジェラートを食べるならドリンクはホットが丁度良いかも。それぞれ 浅蒸し/深蒸しも選ぶことができるので、何度も通って自分のお気に入りの飲み方を探したくなりますね。
また、お茶の香りが楽しめるようにと、ドリンクのカップは紙のにおいがしないものを選んでいるそう。随所にお茶へのこだわりを感じられるカフェでした。



美味しいお茶を気軽に楽しめる「MARUZEN Tea Roastery」。
日本一のお茶どころ・静岡を訪れたら、ぜひ寄ってみてくださいね。


あなたの知らない
しおりをご紹介!

create このしおりを書いたライター

このライターのしおり