search

close


イタリアの観光地といえば水の都と呼ばれるヴェネツィア、映画でもお馴染みのローマなどを思い浮かべる方が多いかもしれませんが、実はイタリアにはあの有名なシェイクスピアの戯曲「ロミオとジュリエット」の舞台となっている地があるんです!

それが、イタリア北部の町「ヴェローナ」。古代ローマ時代の円形競技場跡が街の中心にあり、中世の街並みが広がっています。街自体はあまり大きくないのですがその美しい景色から街全体が2000年に世界遺産に登録されています。

今回はそんな愛で溢れる街ヴェローナの魅力をご紹介したいと思います。




街の中心となっている円形闘技場!

この円形闘技場はアレーナ・ディ・ヴェローナ(Arena di Verona)という名前で呼ばれていて、ローマのコロッセオ、ナポリの円形劇場に次いでイタリアで3番目の大きさ!

現在は、世界最大規模の野外オペラフェスティバルの会場として使われています。
私はミラノから日帰りで行ったので見れなかったのですが夜はライトアップされた姿も見ることが出来ます。




今も残るジュリエットの家

なんとヴェローナにはジュリエットのモデルとなったカプレーティ家の娘が住んでいた家が実在するんです。家の中に入るには別途入場料が必要ですが中に入らなくてもジュリエットの像、そしてあの有名なバルコニーも見ることが出来ます。

お土産屋さんもあるのでロミオとジュリエットに関わるグッズを買いたい方はここでお買い物をするのがおすすめ♪

壁いっぱいにかけられたハート型の南京錠♡
この南京錠はお土産屋さんで購入することができるので, カップルで行かれる方は是非南京錠を掛けてみてはいかがでしょうか?

ジュリエットの家の入り口の両サイドにある壁にも沢山の落書きが・・・
私が行った時も沢山の方が落書きしてました!
ペンなどは置いてなかったので何か書きたい方はペンを持参した方がいいかも?(笑)

この壁の前に立って写真を撮るのもとても可愛いです♡




疲れたら広場で休憩♪

いくら小さい街とはいえ歩き回っていたらお腹も空きますし、疲れますよね。
そんなときは「エルベ広場」で一休み。

実はこのエルベ広場は、古代ローマ時代から存在したとされているとっても歴史のある広場なんです。広場の両側にはレストランのバルコニー席が広がっています。天気が良い時はこの広場を眺めながら食事をするのもいいですね♪

露店なども出ているのでここでお土産を購入することも可能です◎




イタリアの中では残念ながらマイナー?

ヴェローナはミラノとヴェネツィアのちょうど真ん中あたりに位置するのでツアーなどで訪れても半日ほどしか滞在できなかったりスルーされてしまいがちなのですが、ウィンドウショッピングも楽しめるので是非ミラノなどから日帰りで1日使って訪れてほしい街です。




古風な街並みがとっても素敵なので、景色を見ながら歩くだけでも楽しめると思います。イタリアに行かれる際は是非立ち寄ってみてください♪




store紹介した場所

ヴェローナ

place

Verona,Italy
(GoogleMapで見るopen_in_new)
directions_transit
ミラノから電車で1時間30分程度

あなたの知らない
しおりをご紹介!

create このしおりを書いたライター

このライターのしおり