search

close

世界的にも有名な映画『ロード・オブ・ザ・リング』と『ホビット』を知らない人は少ないのではないでしょうか? 監督ピーター・ジャクソンの出身地もニュージーランド。ニュージーランドのあちらこちらに映画の舞台となったロケ地が存在しています。

「ホビット村」をご存知でしょうか?

撮影が行われたのは、北島ワイカト地方のマタマタ郊外にあるアレキサンダー牧場で、ビルボやフロドの故郷、ホビット庄が今も映画の世界そのままに残っている場所があります!

素敵で、本当にカワイイ!!

そこに行くには、ホビット村見学ツアーを利用します。 アレキサンダー牧場は私有地の為、個人で訪れることは出来ません。

長距離バス InterCity には、ニュージーランドを移動しながらホビット村にも立ち寄れる便利なツアーがあります。

オークランド・マタマタ・ハミルトン・ロトルアからもツアーが出てます。
ちなみに私は、ロトルアから日帰りツアーでホビット村に行きました。
牧場の中を通るのでヒツジ達も沢山見かけます!

 

敷地内に入ると、

「シャイアーズ・レスト」というレストランがあり、ここでお昼も食べられます。トイレもあります。お土産コーナーもあるので、ここでホビットやロード・オブ・ザ・リングのお土産を買うことが出来ます。


ホビット村「ホビトン」

ガイドさんの案内で中に入って行きます。中に入る前にトイレがあるのでトイレを済ませてから入りましょう!中は思っている以上に広いです!
私が参加したツアーは英語ツアーだったので、言っている事はわかりませんが雰囲気だけでも全然楽しめます!!
日本から申し込めば、日本語ツアーもあるみたいですね。


映画、ホビット村の世界そのもの!!

丸い形のドアが特徴的なホビットの家々。

ホビットの野菜畑。ホビットが小さく見えるように大きめの野菜が置いてあります。

ドアや雰囲気も可愛くて、家の周りには花も咲いていて、映画の世界に迷い込んだかの様です!


「ビルボとフロドの家」

よくインスタで見かけるこの角度!真似して写真撮りましょう! サムの家も2軒あるので、見比べてみるのも面白いと思います。

ホビットのお家。
本当に可愛いので、感動の連続です!

こんな感じで記念撮影もでき、家の中にも入れるホビットの家もあります。
ガイドさんも写真を撮ってくれます。

見覚えのある風景も出て来ます。


「風車小屋」

どれもカメラに収めたい風景ばかりです!

どこにカメラを向けても写真スポット!


「グリーン・ドラゴン パブ」

2012年にオープンしたそうです。中はバーになっており、実際に入れます!
ツアー参加者には無料でワンドリンクが付いていて、4種類のビールの中から選ぶ事が出来ます。

パブの中には暖炉があり、猫ちゃんも暖まっていました!外から見ると煙も出ているため、ホビットが本当に生活しているかの様に感じます。

遠くから見るとこんな感じです。

撮影時間もたっぷりあります!

ホビット3部作でも使用されたこの場所は、今は映画で使われたセットを公開するアトラクションとなっています。 映画の中に足を踏み入れた様な、素敵な体験ができます。
参加前に映画を見返しておくと、楽しさも倍増かもしれません!

雨が降った日はホビット村内で傘も貸してくれます。 映画を詳しく知らない方でも、楽しめる場所になっています!


おまけ

オーストラリアのシドニーに住んでいた時に、横断歩道を渡るガンダルフ?!を発見し、リアル過ぎたので遠くから写真を撮ってしまいました。そっくり。笑

噂によると、他の映画のロケ地として使われている場所も、ニュージーランドには存在します。
大自然を味わいながら映画のロケ地を回るプランも人気で、オススメの一つです。

オークランドまでの飛行機の直行便も出来たので、この機会にトライしてみてはいかがでしょうか?

あなたの知らない
しおりをご紹介!

create このしおりを書いたライター

このライターのしおり