search

close

こんにちは!
おおきみかです!
3ヶ月かけて横断してきたアメリカもいよいよ最後の都市となりました!

最初は、こんな大きな国にたった一人で来て右も左もわからずに、つたない英語を駆使してなんとかここまで進んで来ました。
現地では英語の勉強もしていましたが、生きるために英語を身につけられた感が大きいです。
アメリカ怖いwと思っていた頃が今ではもう懐かしいです笑

時には、現地で出来た友達の案内で思いがけない所へ行ったり、友達の友達と仲良くなったり。
一人旅だからこそ得られた経験がたくさんありました!
1人だけど1人じゃない。
最高です、バックパッカー!!

でもでも長かった、、、笑
残りのアメリカ横断の旅ももうわずか!
悔いのないように横断していきますー!!

さて、今回の都市は!?

アメリカ横断最後の都市、ラスベガスへ向かいます。

ラスベガス、、、たくさん映画で見てきましたがイメージは
お金持ちとかお金持ちとかお金持ちとか、、、笑
そんな人がたくさんいる場所w

大体の人は、ロングステイの旅行でラスベガスを楽しまれるかと思います。
ですが、今回はおおき流のラスベガスのまわり方でラスベガスをご紹介!
みなさんの参考になるといいなーw
とにかく資金がないと遊べないイメージですが、お金をかけずにラスベガスを堪能出来る弾丸ツアーのスタートです!!

気分は『ハングオーバー』!

まずは、ロサンゼルスからラスベガスへどうやって行こうか考えたのですが、アメリカ横断最後の都市なんだからカッコ良く行きたい!
て事で、ロサンゼルスからレンタカーをしてラスベガスまで行っちゃおうと決意!

私、映画のハングオーバーが大好きで、その映画の中では男4人でラスベガスへ車で向かうという超かっこいいことをしています!

早速向かったのは、ロサンゼルス国際空港。

アメリカ横断でいつもお世話になっているハーツレンタカーに来ました。
ここで車を借りて、ラスベガスについたら乗り捨てます。

ハングオーバーっぽいじゃん!

最後はカッコ良くゴールを決めないと!
安全運転で出発です。
ナビも3時間ちょっとって言ってるし余裕でしょー!

それにしても空が綺麗!なんだこの透き通るブルーは!!
まるでこれからの旅路を表現しているよう。
この向こうにラスベガスがあるのか…。
どんな景色が待っているんだろう!ワクワクが止まりません!!

ところが、
走り出してからはスイスイと進んでいたのに、ロサンゼルスったらすごく混んでる。
予定の3時間を超えた時、なんとまだカリフォルニアにいたw
ぜんぜんネバダに入れないぞw
なめてたぜ…アメリカのトラフィック笑

最初は、砂漠すごーい!とか道路広ーい!と景色を楽しむ余裕があったけど、次第に中々辿り着かない焦りと、長時間運転の疲労と、変わらない砂漠の景色のせいでw 初めて蜃気楼を見た気がします笑
結局予定を大幅に超えて7時間のドライブw

ああああ!ラスベガスが見えてきたー!!!

くぅー!外暗くなってるじゃん 汗
でも、ラスベガスと言えば美しいネオン街。
ロングドライブを終えて、いざラスベガスの街中へ向かいます。

夜のラスベガス!

レンタカーはラスベガスのマッカラン空港へ返却して、夜のメインストリートへ!

えええwジェットコースターだ!
ここ、ホテルだよね、、、汗
「ホテルニューヨークニューヨーク」です!
アメリカ横断のスタート地点で見た自由の女神もいるw
ホテルでありながら、遊園地のような佇まい。
楽しませてくれるじゃないか!
カジノもスリル満点の遊びですが、やらない人でもここで違うスリルを味わえますね笑

 

うわーー!見たことあるコレー!!!
「ホテルパリス」です。
メインストリートにあってとても目立つ。
エッフェル塔や凱旋門まであって本当にパリみたい!
ここに泊まればどこから見ても見つけられるから、迷子になりやすい人はここに泊まりましょうw

 

あー!ここも見たことあるーー!!!
噴水ショーで有名な「ホテルベラージオ」。
一日中噴水ショーが見られるんですが、やっぱり夜景と一緒に見るショーは格別!
素敵な音楽と噴水のコラボは、ラスベガスに来たら見逃せません!

 

「ホテルザ・コスモポリタン」。
ここはインスタグラムの投稿で人気になった場所で、EXILEのSHOKICHIさんもここに来たらしい!

これ、本が見えてると思うんですが全部映像で時間で映るものが変わります!
もーほんと楽しい笑

外観は高級マンションで、夜になるとホテルの側面がブルーに光って幻想的!
写真の通り、中は若者を意識してなのか現代的です。

 

街全体がキラキラしていて活気があってアミューズメント性が高い!
何もかもが大きく見えて、圧倒されっぱなし。
こんな街、世界中探しても他にないでしょ!
正直、お金がないと何もできないかも、、、と心配していましたが、ラスベガスの街全体がエンターテイメントなので、ただ歩いているだけでも面白い!

隣のホテルへ行くのもタクシー...!!?

2時間ほどメインストリートを歩いたのですが、ラスベガスの夜景に高まりすぎてくたくた笑
と言うのも、ラスベガスのホテルってすごく大きくて、隣のホテルまで移動するのにもみんなタクシーを使うくらい遠いw
それを私はひたすら歩きまわった!
確かに街中にはタクシーが多く、ホテルのロータリーには常にタクシーが待ち構えてる。
試しにウーバー使ってみようと見積もり出してみたら、人気すぎて通常価格の2倍の料金だとw
ここで働くタクシーやウーバーは大忙しなんだろうなー。
歩いて楽しめるけど、歩き過ぎには注意です笑

ホテル同士近くに見えるのに遠い…
疲れすぎて、またしても蜃気楼を見た気がしますw
なめてたぜ、ラスベガスw

カジノに挑戦!

ホテルを楽しんだ後は、ホテルの中へ!
ホテルの下のフロアはもちろんカジノ。

機械相手のスロットやブラックジャック、クラップスなどの人間相手のゲームがありました。
折角ラスベガスに来たんだから、何か経験してみよう!とカジノを物色。

カジノといえば美人なお姉さんトランプカード小粋なブランデーですよね。
ね?笑
初心者のイメージはこんな感じです笑
綺麗なお姉さんのテーブルを見つけても周りの大人たちの雰囲気にビビって座れずw

カジノをぐるぐるしていたらスロットコーナーを見つけたので挑戦しました。
なんか日本で見たことあるぞ、、、これならイケそう!笑
負けられない戦いが、ラスベガスにはある!

吸い込まれるように海をモチーフにしたスロットマシンに着席。
なぜこれを選んだのか…
勘、ですかね (ドヤ)

遊び方は隣に座っていたお父さんにレクチャーしてもらってスタート!

熱い演出なのかたまに魚群が横切るw
マリンちゃんは出てこなかったけどサムみたいなのがいます。
日本仕込みのオカルト、しっかり画面を撫でておきましたw

しかし願いが通じないのか減っていくコイン。
それはあたかも、素手で水をつかむが如く。
レバーを引く手にも徐々に力がこもります。
ここでやめて引き返すか…でもここで引いたら女がすたるー!

もはやこれは、対機械ではなく
私自身との戦いなのだ。

 

詩人風に言ってみましたが結果は惨敗です笑
取り返すどころか、機械に遊ばれてしまう笑
だ、大丈夫!次回、ラスベガスに来た時に取り返すんだから!笑

でも、本場のラスベガスは雰囲気がすごかった!カジノってとても綺麗!
装飾も細かく繊細なものから、めちゃくちゃでっかい建物もあったり、
カジノの中を犬と散歩してる人もいたりw

自由な国なんだな、と再確認w

ロサンゼルスが近いこともあるのか、日本人観光客が結構いました!これなら安心ですねー!
そして、ラスベガスはバックパッカーでも十分楽しめる場所だと分かりました!

わたしは今回行けませんでしたが、時間がある方は、アーケード街にも楽しめる場所があるのでそちらもぜひ行ってみてください♪
昼間は昼間で面白いですが、やっぱり夜の街ですね!
素晴らしいです!ラスベガス!

 

次回はいよいよゴール地点へ向かいます。
世界で一番有名なあの場所ですよー!

お楽しみにー٩( ´ ᗜ ` *)و☆

あなたの知らない
しおりをご紹介!

create このしおりを書いたライター

このライターのしおり