search

close
2016-06-13

【モロッコ】 個性的な宿「リヤド」に泊まろう!RIAD宿泊体験記

リヤドとは?

もともと「中庭のある家」を意味するアラビア語ですが、現在は「古い邸宅を改装した宿泊施設」をそう呼びます。
内装にオリジナリティが溢れており、置いてある調度品からもアラビアンチックを感じられます。

入口(玄関)は狭く、でも中に入ると吹き抜けになっており開放的。

パティオ(中庭)があるのが特徴です。




まずはエコノミークラス!

◎Maison du Sud
港町エッサウィラの旧市街にあります。
旧市街には車が入れないので、港にある駐車場に車を停め、徒歩にて移動。
荷物はリヤカーでポーターさんが運んでくれます。

あいにく、エレベーターはございません。
でも、途中階にはモロカン家具が置いてあり、ワクワク感が増してきます!

部屋は予想以上に広々していました。(シャワーなどの施設はアレですが・・・)
上階からの吹き抜けの様子や、優しく灯るモロカンランプ。
可愛さと雰囲気の良さで乙女心がくすぐられます!

屋上テラスからは旧市街の目抜き通りが一望できます。
ゆったりとしたスペースがあるので、読書や昼寝を満喫するにはもってこいです。

ゴージャスさには欠けますが、庶民的リヤド体験が手軽にできる、可愛さ満点のリヤドです!


続いてラグジュアリークラス!

◎Riad Fes
フェズのメディナ中心部、迷宮の中にあります。
100年以上前に建てられた宮殿を改装したもので、一歩中に足を踏み入れると、目に飛び込んでくる広々としたパティオ。
天井からの光が差し込み、より広い空間を演出。

柱や壁のモザイクや緻密な漆喰の彫刻に目が奪われます。

部屋棟へ続く中庭にはプールや檸檬の木があり、無料でサーブされるオレンジジュースやクッキーなどをいただける心地よいスペース。

屋上テラスからはアトラス山脈と市街を一望でき、ここにもくつろぎスペースが広がっています。

部屋は近代的に改築されており、清潔感あるバスルームも広々、快適!

ここにはハマムがあり、垢すり体験ができます。
ちょっと熱いかなぁと思われるようなお湯で体をザバザバ洗ってくれてとっても気持ちよく、旅の疲れを癒してくれます。

まさにラグジュアリー!豪華リヤド体験ができる、雰囲気抜群のリヤドです!



機械的な使い勝手がいいホテルとは違い、調度品から造りまで個性的なお宿、リヤド。
どこもフォトジェニックで撮影意欲が湧き出てきます。
モロッコ旅のスパイスに、リヤド体験を楽しんでみてはいかがでしょうか。


あなたの知らない
しおりをご紹介!

create このしおりを書いたライター

このライターのしおり