search

close

世界三大料理の国言えますか?

どうも、ひよこぱぐです。
世界三大料理と言えば、フランス料理・中華料理・トルコ料理だそうです。
世界三大料理のひとつがトルコ料理だということを知ってる人はすくないのでは?
個人的には和食でもいいじゃないかと思うのだけど。
日本ではあまり馴染みが薄いトルコ料理ですが、「お店みたい」っていうのが失礼にあたるほど、トルコの家庭料理は凝っていてなおかつ美味しいらしいねぇ。
旅行者がトルコ人のおうちにお邪魔して家庭料理を食べることは基本ないけど。
じゃ、ちょっと考え方を変えるとトルコ人も外食で食べるようなもの。
トルコの人々にとってのジャンクフード的なもの。
これなら旅行者にも楽しめる世界三大料理なのではないか、と。 いわゆるB級グルメ。
ということで、さて、本題。

トルコのB級グルメを味わうなら

私が一押しなトルコB級グルメはココレチ!そしてムール貝のドルマ。
この両方食べられてかつ美味しいお店が「シャンピオン・ココレチ」なんです。

さてさて、ココレチとは刻んだ羊の腸のスパイス入りトマト&チリ炒めのこと。 結構真っ赤だけど、辛くはない。

羊ならでは、ホルモン系ならではの臭みがあるところもあったけどこちらのは臭みなく。 ちょっとこってりとはしていると思うので、熱々を頂くのと合わせてサラダも頼みたいところ。 なんだかトルコのお野菜って美味しい!

調理しているところを拝見しつつ、ぱくぱく平らげ美味しい美味しいと言っていたら お店の人が夫を招き入れて調理場を見せてくれたことも。
更にはお代わりまでしたものだから、大喜びしてくれて記念撮影もしてくれました。サービス精神旺盛です。

トルコのパンは美味しくて、なんでもパンに挟みたがる国民性と言うか・・・
このココレチもパンに挟まれるのがスタンダード。
だけどそれをやると、日本人の胃袋では他のものが入らない。 なのでココレチのパン抜き、鯖サンドのパン抜きなどを我が家では実践。 せっかく旅行にきたのなら現地ならではのものたくさん食べたいですし、お勧めです。

そして、こちらがムール貝のドルマ。

ミディイエ・ドルマと言います。
ミディイエはムール貝、ドルマは詰めるという意味らしいですよ。
ムール貝の中にピラフのようなご飯とムール貝の身がきれいに詰め込まれている。
レモンを絞って、貝殻の片割れをスプーンのようにして頂く。 これがまた美味しい♪
道端でこれだけ売っている人もいて、さくっと食べられるお手頃グルメ。
でもココレチついでに食べられるのは有難い。
ミディイエ・タワというムール貝のフライも美味しいよ。ニンニクの効いたソースをつけて...
とっても合う〜。

お口直し用なのか、唐辛子がご自由に〜と置いてあるけどちょびっと齧っただけで 当分お口直ししなくていいくらいスパイシーでございました〜。

お酒を置いてるお店が実は少ない...

イスラム圏のトルコ、お酒を置いているお店は限られる。
持ち込みは相当緩く、それは水だろう?とウィンクしてくれたりすることも。
変な裏ワザだけど、我が家はペットボトルに焼酎を入れて持ち歩きお店でそれを見せて、お水を買わせて頂いたりしておりましたわ。
トルコワインとかビールとか買うって手もあります。
我が家は旅行先では昼酒が楽しみなので、編み出した技なり。
大体飲む量分かってるし、ペットボトル焼酎便利だよ。

「シャンピオン・ココレチ」はチェーン店のようで何店舗かある模様。
2店舗で数回頂いたけど、いつでも美味しい!
ホテルに持ち帰ることもできるけど、冷めると脂がちょっとくどくなっちゃうかも。
気候のいいときに外のテーブルで、ココレチを作っているところを見せて頂きつつお酒を飲むのがお気に入りなんですな。

あなたの知らない
しおりをご紹介!

create このしおりを書いたライター

このライターのしおり