search

close

海と山の幸に恵まれたギリシャ。
長い歴史の中で近隣諸国の影響も受けながら育まれてきたギリシャ料理は、2010年「地中海の食事」として、イタリア料理やスペイン料理など共にユネスコの無形文化遺産に登録されました。

オリーブオイルや塩コショウなどのシンプルな味付けは、日本人の口にもよく合います。

今回は、そんなおいしいギリシャ料理をいくつか紹介したいと思います。

ホリアティキ・サラタ(グリーク・サラダ)

キュウリやトマトなどの生野菜、オリーブの実の上にフェタチーズが載ったサラダ。
特にこのフェタチーズは、クセがなく、
クリームチーズのような味わいでとてもおいしい。

オリーブオイルによるシンプルな味付けで、
素材の味を楽しめる、とても食べやすいサラダです。

フタポディ・スハラス(タコのグリル)

海の幸にも恵まれたギリシャ。日本と同様にタコも食します。
グリルしたタコは香ばしく、味付けも塩・コショウとシンプル。
肉厚で弾力があり、プリップリの食感で、
噛んでいるとタコの旨みが口の中に広がります。

ムサカ

ナスとジャガイモ、ひき肉が重なったラザニアのような料理です。
ホクホクとしたジャガイモの食感が残っており、チーズとミートソースの味付けでとてもおいしい。
見た目ほどのしつこさもありません。
日本人にも馴染みのある味付けであり、ギリシャを代表する家庭料理です。

ケバブ

牛とラム肉の合挽きを串に刺して焼いたケバブ。
肉の旨みがぎゅっと詰まっており、とてもジューシー。

肉には、スパイシーな味付けがされているので、そのまま食べても良いですし、下に敷かれたピタパンや焼きトマトと一緒に食べてもおいしいです。

ギリシャヨーグルト

なんとも言えない、ねっとりと濃厚なヨーグルト。
酸味が少なく、そのクリーミーな味わいに、一度食べたらハマってしまいます!

ハチミツやジャムをかけて、好みの甘さにして食べるのがオススメです。

ギロピタ

最後に紹介するのは、
ギリシャで最強のファストフードと言っても過言ではないギロピタ。

トルコのドネルケバブのように、肉の塊を回転しながら火で炙り、薄くそぎ落としたものを、ポテトやトマト、玉ねぎなどと一緒にピタパンでくるみます。
肉の種類は、ポークやチキンなど。
サワークリームの酸味もあわさってとてもおいしいです。

旅行者はもちろん、現地の人にも人気があって、みんなよく買っています。価格も2~2.5ユーロ程度と安く、まさに安い・早い・うまいの3拍子そろった一品です。

現地でギリシャ料理を手軽に味わえるのが、タベルナ。日本で言うならばレストランというより食堂です。

通り沿いには、椅子やテーブルが並べられ、食事時ともなると観光客や地元の人たちでワイワイガヤガヤ。かしこまった雰囲気もないので、気軽に入りやすいです。
紹介したもの以外にも、肉や魚を使った料理がたくさんありますので、ギリシャを訪れた際は、ぜひお気に入りの一品を見つけてください。

ギリシャ料理、おいしいです!!

あなたの知らない
しおりをご紹介!

create このしおりを書いたライター

このライターのしおり