search

close

こんにちは!MILKです。

パリは、日本人も大好きな世界的に人気の観光地。
私の知り合いの中には「年に一度は行く」という方もいらっしゃるほどです。
そういう方は、行きつけのレストランがあると思いますが、
慣れていないうちは、店選びに迷ってしまいますよね。

もちろん、雑誌やガイドブックにたくさんオススメ店が出ていますが、
そういう有名店は、予約が取りにくかったりして・・・。
電話で予約しようと思ってもうまく出来ないし・・・という方も多いのでは。

そこで、私が最近知った、美味しいお店をこっそり教えちゃいます!
しかもシェフは日本人です。

小ぶりだけど、居心地が良い店内

写真のとおり、夜は照明が落とされていて、落ち着いた雰囲気。 テーブルもそんなに多くはありません。

そんなわけで、穴場店ではありますが、 当日入ろうとしたら予約でいっぱい・・・という可能性は大です。

行く日が決まったら、早めに予約しましょう。 (1~2週間前の予約がベターだそうです)

お料理は芸術的です!

よくあるビストロなどと違い、こちらのお料理はなかなか芸術的!
見た目でも愉しませてくれます。

お料理をいくつかご紹介しますね。

こちらは、なが~いマカロニ状のパスタの上に、
トリュフを惜しげもなく載せた一品です。

持ってきてくださった時から香るトリュフ・・・。 最高の贅沢です!

シメサバを使ったサラダ風の前菜。
これぞ、和と洋のコラボです。

フォワグラが入った水餃子のスープです。
なんという贅沢な水餃子!

鶏胸肉のロースト。
胸肉自体はあっさりしていますが、ボリュームがすごいので食べ応えあり!

こちらは、羊肉の煮込み料理。
やはりお肉のボリュームたっぷりです。

デザートも芸術的!!
この日は、グレープフルーツのケーキ+グレープフルーツのシャーベット。
甘酸っぱくて、美味です。

どうですか?
見た目からして美味しそうなのが伝わりましたでしょうか。
実際、美味しいんですよ~。

場所は、メトロDuroc駅から歩いて数分

味が良くても、行き方がよくわからないのはちょっと・・・。
駅から遠かったら嫌だわ・・・。
そんなあなたも、ご心配なく!!

お店は、メトロのDuroc駅から歩いてすぐの所にあります。
歩いて3分くらいでしょうか。
Rue Mayetという通り沿いです。

Duroc駅は、メトロの10号線か13号線で行く事ができます。
シャンゼリゼ・クレマンソー駅から1本で行けますよ。

気になるお値段は・・・

2016年現在の気になるお値段は、

【ランチ】
前菜+メイン or デザートが、22ユーロ。
メイン+デザート or チーズが、22ユーロ。
前菜+メイン+デザート or チーズが、26ユーロ。
ムニュデギュスタシオン(料理3皿+チーズ+デザート)が、38ユーロ。

【ディナー】
ムニュデギュスタシオン(料理4皿+チーズ+デザート)が、54ユーロ。
アラカルトあり

(HPより)

となっていて、手が届かないお値段ではありません。(特にランチ!)

そうそう、アラカルトはありますが、
日本人の中には、二人で一皿などのシェアをする人がたまに居るらしく、
お店としては、困ってしまうそうです。

ちゃんと、一人一皿頼むのが、フレンチのマナー。
その辺は気をつけるようにしたいものです。

いかがでしたでしょうか?
日本人シェフによる、和を混合した繊細なフレンチ「H.kitchen」。
ミシュラン星付店ほど予約が取れないわけでもなく、
かといって、どこにでもある見慣れた料理というわけでもない、
親しい人を誘って、喜ばれるお店だと思います。

パリに行かれる際は、ぜひ寄ってみてください!

あなたの知らない
しおりをご紹介!

create このしおりを書いたライター