search

close

マチュピチュは、ペルーの南部に残るインカ帝国の遺跡です。アンデス山脈の中のウルバンバ谷に沿った標高約2,500メートルの山の尾根に造られました。アメリカの探検家ハイラム・ビンガム3世が、1911年に発見しました。


空中都市、空中の楼閣、天空都市などと形容され。ここで700名前後の人々が暮らしていたと考えられています。山の斜面には段々畑が幾何学的に並び、ジャガイモやトウモロコシなどが栽培されていました。市街地は広場を中心に数々の神殿や宮殿、水汲み場、日時計、居住区が整備されていました。



あなたの知らない
しおりをご紹介!

create このしおりを書いたライター

このライターのしおり