search

close

聖ポール天主堂跡は、マカオに建造された大聖堂の遺跡です。ポルトガルのイエズス会士によって1602年に建てられた天主堂は、当時のアジアで最大のカトリック教会でした。創建以来、ヨーロッパの王族達は聖ポール天主堂に互いに競って寄進を行いましたが、1835年の火事によって焼失してしまいました。


現在は、南側に設置された石造りのファサードと、この天主堂を支えたイエズス会士の地下納骨堂が残るのみです。聖堂前の広場から石段を上るとファサードで、中段で一直線に並ぶ4人の聖職者は今にもせり出してきそうです。マカオの職人ばかりでなく日本を追放されたキリスト教徒も彫刻に加わったと伝わります。



あなたの知らない
しおりをご紹介!

create このしおりを書いたライター

このライターのしおり