search

close

タート・ルアンはラオスの首都ヴィエンチャンに建造された仏教寺院です。起源は紀元前3世紀にまで遡り、インドのマウリヤ朝のアショーカ王が派遣した仏僧が建立したと言われています。13世紀にはクメール様式の寺院が再建立されましたが、16世紀にラーンサーン王国のセーターティラート王の治世下に改築され現在の形に整備されました。


仏塔の中には釈迦の遺物が納められていると伝わり、まばゆいばかりの黄金色で輝いています。毎年11月に1週間にわたって開催されるタート・ルアン祭りでは、ラオス全土の僧侶が集結し例年約30万人の人々で賑わいます。境内にはラオスの文化やアイデンティティが満ち溢れ、ラオスのシンボルとして国章にデザインされています。



あなたの知らない
しおりをご紹介!

create このしおりを書いたライター

このライターのしおり