search

close

沖縄本島の本部港からフェリーで30分。

辿り着いたのは、中央にそびえる城山で有名な伊江島。

まだあまり知られていない注目の離島でプライベートグランピングはいかがでしょうか?


冬に沖縄?と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、実は、現地の方はこの時期をお勧めしています。

天気も良く、観光客も少ない為たっぷり満喫できるのだそう!

そんな伊江島のお勧めポイントを紹介していきますね!!



1. 伊江島へのアクセス

伊江島へは沖縄本島の本部港からフェリーでたった30分程で到着!

那覇空港から本部港はバスで2時間ほどで到着します。

フェリーは1日4便出ています。当日那覇に着いた方は15時出発の便になると思います。

フェリー:片道730円、往復1390円。



2. 伊江島の観光名所

まず伊江島での交通手段をご紹介します。

伊江島はレンタカーがあると便利です! 免許がない方は、レンタサイクルで回る事もできます!

○レンタカー
→伊江島にはレンタカー会社が2箇所あり、港のターミナルから借りられます。
軽自動車であれば、6時間3000-3500円ほどで借りることができます。

○レンタサイクル
→1時間300-400円ほど。1日借りても1000円でお得です♪
ホテルや民宿で無料レンタルしている場合もあるので事前に確認がおすすめです!



続いて、オススメの観光スポットを紹介します。

・伊江ビーチ

伊江島の代表といえる”伊江ビーチ”。カラフルなWELCOMEのモニュメントと、絶景ブランコが迎えてくれます♪ ブランコは想像以上に大きくて2人で乗れる位です!!

1kmの白い砂浜に広がるエメラルドブルーのビーチは、透明度が高くとっても綺麗でのんびり過ごすことが出来ました♪



・城山(伊江島タッチュー)

海抜172mの伊江島のダイナミックシンボル、”伊江島タッチュー”。

山頂までは階段が長く続くので、スニーカー必須です!!体力もいります・・・でも頑張って登った先には360度絶景が待っています!!

上から眺めた伊江島は田んぼがパッチワークみたいで可愛い♪ 海も綺麗に見渡せます!



・ニャティヤ洞

神秘的なパワースポットの“ニャティヤ洞”。

ここの海の綺麗さは抜群で、伊江島で私が選ぶ1番お気に入りのスポットです!!

奥に進むとハート側に見える洞窟があり、海をバックに幻想的な写真を撮る事ができます♪



・滑走路

伊江島には今は使われていない滑走路があります! 米軍関連施設で、昔は民間機用の飛行場としても使われていたそうです。

中々滑走路に自由に入れることはないので、約1500mの滑走路からの景色は格別でした!!



・ハイビスカス園

南国の花、ハイビスカスが1000種類以上楽しめる植物園です。珍しい品種や、伊江島オリジナルの品種も観賞できます!!

パターゴルフ場などもありのんびりお散歩できました♪



・湧出

北海岸にある展望台で、断崖に荒々しい波が打ち付けるダイナミックな様子が一望できます。

崖の波打ち際から良質な水が湧き出ていて、伊江島名産のイエソーダはここの湧き水で作られています!!



3. 伊江島の宿泊

今回のメインであるビーチグランピング施設をご紹介していきます!!

・THE FORCE 伊江島

11月1日にオープンしたばかりの1日1組限定ビーチグランピングです!!

ドームテントに一歩足を踏み入れると、可愛くて温かみのあるインテリア♪

昼はお部屋から美しい海の絶景を独り占め。夜は部屋にいながら満天の星を眺めることが出来ます!!


夜ご飯は伊江島の食材をたっぷりと使ったBBQコース!

スタッフの方が自分たちだけのために目の前でお肉やお魚を焼いて下さり、とっても贅沢気分!!

嬉しかったのは、伊江島名産のイエソーダや伊江島の貴重ラム酒、イエラムサンタマリアが飲み放題だったこと♪

イエラムサンタマリアで作ったモヒートは食事にも合って最高でした!!


朝ごはんは海を眺めながらテラスで!

普段はゆっくり朝ごはんを食べることも少ないので、海風を感じながらゆったり食べることができ、まさに理想の朝ごはんでした♪


THE FORCEでは、クリアカヤック・今流行のSUPや、レンタサイクルの無料アクティビティから、有料の体験アクティビティまで種類豊富! 天気が悪くても楽しく過ごすことが出来ます♪

私は、有料の糸掛け曼荼羅体験をしてみました!

不器用な私にも先生が丁寧に教えて下さり、とっても楽しく熱中することができました!!



まとめ

これからの時期の沖縄は、海には入れないものの気候も穏やかになり混雑も避けられるので、のんびりリゾート気分を過ごしたい方におすすめです。

また、憧れのホテルもハイシーズンに比べてお得に泊まれるのがこれからの時期の嬉しいポイントです!

伊江島はまだあまり知られていない離島なので、是非人気になる前に訪れてみて下さい!!


あなたの知らない
しおりをご紹介!

create このしおりを書いたライター

このライターのしおり