search

close

都会のオアシス的存在である「新宿中央公園」で、ナイトウォークを楽しみませんか?

新宿中央公園では2020年12月27日(日)まで、スクウェア・エニックスの体験型ナイトウォーク「CRYSTAL STORY -不思議の森と女神-」が開催! 夜の公園内を歩きながら、ファンタジーな冒険体験を楽しむことができます。

itta編集部が実際に体験してきました!


※「CRYSTAL STORY -不思議の森と女神-」は無料で楽しめるイベントですが、新型コロナウイルス感染症対策として参加枠が制限されており、事前に応募が必要となります。



スクエニが手がける「CRYSTAL STORY -不思議の森と女神-」

体験型ナイトウォーク「CRYSTAL STORY -不思議の森と女神-」は、新宿中央公園の冬季イルミネーションイベント「SHINJUKU HIKARI 2020」のコンテンツの一つ。

入場時にもらえる “魔法のチャーム” を使って、公園内に点在するクリスタルを巡りながらストーリーを進めていきます。

1チーム最大4名で、所要時間は40分程度。

物語の主人公になった気分で、不思議な森を冒険しましょう!



いざ冒険へ!「ナイトウォーク×謎解き」を楽しもう

公園内に点在するクリスタルは、さまざまな色に輝いています。「謎解き」によって、向かうべきクリスタルの色が分かるという仕組みです!

チーム全員の “魔法のチャーム” をはめると、囚われていた “精霊” が解放されます。

“精霊”が登場する際の美しいデジタルアートや、豪華声優陣によるボイスにも注目!

その後再びクリスタルの横に提示されている謎を解き、次に向かうべきクリスタルへ。どんどん物語を進めていくと、最後は都庁をバックに、幻想的な演出が楽しめますよ。

全体的に、謎解きの難易度は易しめな印象です。中には引っ掛けのような問題もありましたが、チーム全員で力を合わせればきっと解けるはず!

アドバイスとしては、とにかく「防寒」をしっかりしていくこと! この時期、夜の公園に長時間いるととても冷えます。風邪をひかないように暖かい服装でお出かけくださいね。



「ハイアットリージェンシー東京」とのコラボも!

ナイトウォーク体験後に編集部が向かったのは、新宿中央公園に面したホテル「ハイアットリージェンシー東京」。

実は、ホテル1階のブラッスリー「Vicky's」にて、「CRYSTAL STORY」とコラボレーションしたスペシャルメニューが楽しめるんです! 店頭にもクリスタルが設置してありますよ。

イベント参加者限定で、対象のコラボフードを注文すると、料理1品につきスペシャルドリンク1杯が無料でいただける特典も! イベント参加時にもらえる引換券を忘れずに持参しましょう。

引換券の有効期限は2021年1月17日(日)までとなっているので、イベント参加当日でなくても大丈夫です。

コラボフードの「プルドポークサンド」(税込1,650円)をいただきました! お肉もパンも柔らかくて絶品!

スペシャルドリンクはこちらの4種類(アルコール税込1,100円 / ノンアルコール税込880円)。編集部がいただいた青色のドリンク「アクアシンパシー」はノンアルコールカクテル。青はバタフライピーシロップの色だそうです。

クリスタルを連想させるようなドリンクが輝く演出で、「CRYSTAL STORY」の物語の余韻が楽しめますね。



新宿中央公園ではイルミネーションも開催中!

「CRYSTAL STORY -不思議の森と女神-」は参加枠が限られていますが、「SHINJUKU HIKARI 2020」の他のコンテンツは、誰でも気軽に楽しむことができます。

お仕事帰りや、ちょっと歩いて体を動かしたいときに、夜の公園を散歩しながら冬らしい演出を楽しんでみてください。


*「SHINJUKU HIKARI 2020」コンテンツ

1「TWINKLE PARK」
新宿中央公園の冬季イルミネーションイベント。水の広場・区民の森・芝生広場が夜間ライトアップされます。(2020年12月21日〜2021年1月17日 17:00〜20:00)

2「CRYSTAL STORY -不思議の森と女神-」
スクウェア・エニックスが贈るナイトウォークシリーズ第一弾。※事前の応募が必要。(2020年12月21日〜12月27日)

3「Candle Night @Shinjuku Central Park -灯(ほし)に願いを-」
約3,000個のキャンドルで会場を彩る、無料の参加型イベント。自宅にいながら楽しめる仕掛けも。(2020年12月25日、26日)

>>「SHINJUKU HIKARI 2020」特設サイト

あなたの知らない
しおりをご紹介!

create このしおりを書いたライター

このライターのしおり