search

close

こんにちは、フォトジェニックを探す旅が大好きなMoeです!


今回は、広島県にある「帝釈峡」を紹介します。ここは自然の中でリフレッシュしたい方にぴったりの場所で、春の新緑や秋の紅葉を楽しむことができます!



帝釈峡とは?

広島県庄原市と神石高原町にまたがる「帝釈峡」は、国の名勝にも指定されている広島を代表する景勝地です! 特に紅葉が有名で、シーズンにはたくさんの人で賑わいます! 遊覧船から紅葉を眺めたり、カヤックを楽しんだり、セグウェイに乗ったりなど様々な楽しみ方がありますよ!

残念ながら、今回私が行ったときはすでに紅葉が終わってしまっていました、、。

しかし、紅葉シーズンでなくてもおすすめしたい、帝釈峡の楽しみ方を紹介したいと思います!



上帝釈と神龍湖

帝釈峡は全長18kmに渡る大きな峡谷です。広島県の2つの市・町にまたがり、主に2エリアに分けられます。北部を「上帝釈エリア」、神龍湖周辺を「神龍湖エリア」と呼びます。それぞれのエリアでみどころやできることが違うので、両方訪れましょう!

上帝釈⇔神龍湖区間のアクセス方法は車と徒歩があります。車では約20分の道のりです。徒歩の場合、急なアップダウンのある山道を約2時間半歩かなければいけないので、体力に自信のない方は控えた方がいいかもしれません。



上帝釈エリア

上帝釈エリアには、鍾乳洞や天然の橋である「雄橋」などがあります。

こちらは、国の天然記念物にもなっている自然にできた橋の「雄橋」です。どうやってこの形になったのか不思議ですね〜

側を流れている川も透明で綺麗です!



神龍湖エリア

神龍湖エリアには、神龍湖や神龍橋、桜橋などの見どころがあります。また、神龍湖で遊覧船に乗ったり、カヤックやセグウェイなどのアクティビティも楽しめます。

まっ赤な橋の神龍橋や桜橋は帝釈峡を代表する場所です!



おすすめの写真スポット

こちらの写真は桜橋の手前のトンネルから撮ったものです。赤い橋が映えて、いい感じのシルエットに撮ることができます!



小腹が空いたら!

帝釈峡では食べ歩きもできるんです! 龍が描かれた今川焼のような「帝釈焼き」があります。味はあんことクリームがあります。

自然の中を散策して少しお腹空いたな〜と思ったら、この帝釈焼きを!



最後に

▲ まだ秋残ってた!

帝釈峡は紅葉でとても有名なところですが、それ以外の時期でも十分楽しめる場所です! 自然に癒されに行ってみてはいかがでしょうか?


あなたの知らない
しおりをご紹介!

create このしおりを書いたライター