search

close

フランスのパリ中心部にあるサント・シャペル教会。サント・シャペルは日本語で「聖なる礼拝堂」という意味です。ルーヴル美術館やノートルダム大聖堂に比べるとそこまで知名度は高くありませんが、フランスに行くなら絶対に行ってほしいおすすめの場所です。入場料は大人11.5ユーロ(約1,400円)かかります。

サント・シャペル教会の見どころは、なんといってもパリ最古のステンドグラス。窓から差し込む光の量や角度によって、ステンドグラスの色が変化し1秒も同じ光景はありません。あまりにも幻想的な景色に言葉を失うほどです。ぜひカメラを片手に訪れてみてください。




あなたの知らない
しおりをご紹介!

create このしおりを書いたライター

このライターのしおり