search

close


那覇空港から飛行機を乗り継いで30分。

辿り着いたのは、美しい自然と島グルメに溢れた久米島。

そこには日常を忘れリフレッシュさせてくれる魅力が沢山詰まっています♪

そんな久米島のお勧めポイントを紹介していきますね!!




1. 久米島へのアクセス

久米島へは那覇空港から飛行機でたった30分程で到着! 1日7便飛んでいます!

フェリーで渡名喜島経由でも行けますが、便数が少ないので注意しましょう!

飛行機:片道約8000円〜15,000円、30〜40分で到着
フェリー:片道3450円、3時間〜3時間半ほどで到着

時間重視なら飛行機、値段重視ならフェリーがオススメです!




2. 久米島の観光名所

まず久米島での交通手段をご紹介します。

久米島は広いのでレンタカーが必須です!免許がない方は、レンタサイクルや巡回バスで回ることも出来ます。

○レンタカー
→久米島にはレンタカー会社が6箇所あり、空港から借りることも出来ます!
私はオリックスレンタカーで1日5000円ほどで借りました。車種にもよりますが1日4000〜6000円が相場のようです!

○レンタサイクル
→1時間500〜1500円ほど。坂道もあるので電動アシスト付きがオススメです!! ホテルや民宿で借りることも出来ます!



続いて、オススメの観光スポットを紹介します。

・はての浜

全長約7kmの真っ白な砂浜だけで出来たはての浜は、久米島の泊フィッシャリーナ港からボートで20分程で行くことが出来ます!

どこまでも続く美しい透明なビーチと白いサラサラの砂浜は、まさに東洋一の美しい無人島と呼ばれるのが納得です♪ シュノーケルで、沢山のカラフルな魚を見ることも出来ました!!



・ミーフガー

400年以上前からある高さ20メートル程の巨大な岩礁です。

岩間に迫る波音はまるで映画のロケ地のよう・・!

女性が拝むと子宝に恵まれるといわれているパワースポットです。



・奥武島の畳石

久米島から橋で繋がる奥武島の畳石。

引き潮の時にだけ現れる亀の甲羅のような畳石は、なんと自然の力でこの模様になったそう!国の指定天然記念物になっています。



・宇江城城跡

沖縄にある城の中で最も高い場所にある宇江城の城跡。

まるで日本のマチュピチュと呼ばれている程、360度絶景を見渡すことが出来ます!!

天気の良い日は、海の遠くに沖縄本島を望めます!



・イーフビーチ

日本の渚100選に選ばれている久米島を代表するビーチのイーフビーチ! 白い砂浜が2キロメートルも続く、遠浅の透き通った美しいビーチです♪

トイレや簡易シャワーも完備しているので、海水浴にぴったりです!



・アーラ浜

私のお気に入りはアーラ浜です! 周囲を山で囲われているため、人が少なくおすすめ♪

水はとっても透き通って綺麗で、カニや魚を見つけることが出来ます。

美しい夕焼けも見ることができるスポットです!!




3. 久米島のグルメ

・Yunami Factoryの “ガーリックシュリンプ”

お店自体が観光スポットになっている可愛いワゴンのお店です!

久米島産の車海老を使ったガーリックシュリンプやバーガーを楽しむことが出来ます♪

ボリューム満点で、アメリカ気分も味わえました!!



・ゆくい処笑島の “車海老そば”

エビがドーンと乗った海老の出汁たっぷりの沖縄そばです。

日本の宝物グランプリにも選ばれたそう! 濃厚でとても美味しかったです!!

お店でパンダ柄のヤギを飼っていて癒されました♪



・南島食楽園の “海ぶどうのオムレツ”

久米島名物の海ぶどうの入ったオムレツ! 食感がプチプチでとっても美味しい♪

他にも久米島産の赤鶏や車海老の塩焼きもオススメです。

運転代行サービスがどこでも1000円で頼めるお酒好きには嬉しい居酒屋さんでした!!




4. 久米島の宿泊

久米島にはホテルが5軒と民宿があります。免許のない方は、イーフビーチ付近にレストランなどが広がっているためそちらに宿泊することをオススメします!!

静かに過ごされたい方には、私が宿泊したホテルを紹介します。


・サイプレスリゾート久米島

サイプレスリゾート久米島は、空港からすぐ近くの立地で繁華街からは離れた隠れ家的ホテルです。

シンリ浜に隣接しているホテルなので夕日をとっても綺麗に見ることが出来ます!

大浴場も完備しているので、ゆったり過ごすことが出来ました♪




5. まとめ

久米島の人々はみな温かく、沢山の自然の力のなかで生活しているのを感じることが出来ました!

また、美味しい島グルメを堪能し、とっても元気をもらいました!!

那覇から飛行機でたった30分で、こんな素敵な離島に辿り着けるなんて、アクセスしやすい離島として注目されているので、是非足を伸ばしてみてはいかがでしょうか??


あなたの知らない
しおりをご紹介!

create このしおりを書いたライター

このライターのしおり