search

close


日本人にも大人気な常夏の島ハワイ!

海に行ったり、お買い物したりとハワイには魅力的なことが沢山あります。

今回は、ハワイでできるアクティビティを紹介します。



「Menehune Mac(メネフネマック)」工場見学

ハワイのアクティビティと言われてイメージするのは、海でのマリンスポーツや、大自然の中でできる乗馬やバギーなどですよね。

確かにそれもとても楽しく、魅力的なアクティビティですが、ハワイにはまだまだ楽しいことが沢山あります。

そのひとつが工場見学です。

ハワイアンジュエリー工場やコーヒー工場、チョコレート工場など、様々な工場見学があります。

今回ここで紹介するのはチョコレート工場です。

名前はMenehune Mac!!

ここは家族経営している小さなチョコレート工場です。

建物の中に入るとチョコレートのいい香りがします。

入ってすぐに受付を済ませ、消毒などを行い、早速工場内に入ります。

工場の中はこんな感じです。

中に入ると社長さんがチョコレートの作り方を説明してくれます。

一般には販売されていないような大きさのチョコレートを触らせてもらえたりと飽きない内容になってます。

説明は全て英語でしたが、少しの日本語なら話すことができるそうです。

中では実際に作業している人もいるので、近くでそれも見ることができます。

ここのチョコレートは全てハンドメイドだそうです。

チョコレート作りのおばさん達が手際よくスピーディーにやっていてプロの技を見ることができます。



チョコレート作り体験!

説明を聞いたあとは、ここの目玉です。
自分のチョコレートを作ることができます。

作ると言っても、混ぜて型に流し込むだけです。

箱に名前を書くので他の方と混ざることもありません。

おばさんが作っているものはマカダミアナッツのチョコレートですが、体験で作れるのはシリアルが入っているものでした。


この作業をしたあとは、工場外に出て、受付のところでチョコレートの歴史や、カカオからチョコレートになるまでの流れを聞きながら、自分が作ったチョコレートの完成を待ちます。

受付のところにはお土産や試食が沢山あり、色々な味を楽しむことができます。珍しい味の食べたことがないものも多く、試食だけでお腹いっぱいになってしまいました。


30分ほどで完成したものが運ばれてきます。

こちらが完成品です。
ラッピングもしっかりしているので、良いクオリティーになってます。

チョコレートを受け取ると見学会は終了となります。

全て終わるまでに1時間半弱程度かかります。


最後に場所と金額をお伝えしておきます。

金額はチョコレート作りも含めて12ドル+taxです。

場所はワイキキから空港方面に向かう途中にあります。

Google Maps

ツアーによってはシャトルバスなどもあると思うので確認してみてください。

ちなみに、私はThe Busで行きました。
バス停からは5分ほど歩きました。

見学会は土曜日のみで完全予約制です。
また、1回の定員数が20人なのでご注意ください。
公式サイトで確認してから行ってみてください。

>> Menehune Mac



あなたの知らない
しおりをご紹介!

create このしおりを書いたライター