search

close

箱根エリアのホテルやレストランなどが毎回決められたテーマでスイーツを創作し、期間限定で提供する人気イベント「箱根スイーツコレクション」が今年も始まりました!

現在開催中{2020年3月6日(金)〜4月30日(木)}の第24回のテーマは、春の季節にぴったりの“フラワースイーツ”で、春の訪れを表現した華やかなスイーツが目白押しです!

今回、編集部は全38種類あるフラワースイーツの中から厳選して3種類のフラワースイーツをいただきました!


※新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、参加店舗の営業時間変更や臨時休業が発生しております。詳しくは各参加店舗の公式ホームページ等をご覧ください。





1.春らしいポップな色合いのフラワースイーツ(天成園)

※新型コロナウイルス感染拡大防止のため、2020年4月21日現在、天成園は臨時休館中です。最新情報は公式サイトにてご確認ください。

まず最初に訪れたのは、箱根湯本駅から徒歩で約15分、車やバスで10分弱の場所にあるホテル「天成園」。貸切風呂やお食事処、リラックスルームなどが充実しているので、日帰り入浴でも一日中楽しめるホテルです!

フラワースイーツをいただけるのは、1階にあるカフェ「プルミエール」。大きな窓から天成園自慢の庭園や玉簾の瀧などを見ながら優雅なティータイムを過ごすことができます。カフェだけならば入館料不要で利用可能です。

▲ Petite fleur 〜可憐な花〜(715円)※コーヒーまたは紅茶付き 880円

天成園でいただけるフラワースイーツは、1日20皿限定の「Petite fleur 〜可憐な花〜」。春らしく、何種類かの花を1皿の上で表現したスイーツです。透き通った飴細工のかごの中にはスライスされたイチゴやラズベリークリームなどが入っており、見た目がとても可愛らしい!

飴細工のかごを外すと、ラズベリークリームのバラの上にてんとう虫が!てんとう虫はチョコレートなので、もちろん食べられます。甘酸っぱいラズベリークリームとその下の濃厚なナッツのムースの相性はバッチリ。

もちろん見た目だけでなく、味も絶品!飴細工のかごはかなり甘めなので、マンゴー、ラズベリー、ブルーベリーといったソースやイチゴなど甘酸っぱいものと一緒に食べるとちょうどいい甘さになりますよ。




2.和と洋のいいとこ取りをしたフラワースイーツ(箱根小涌園 天悠「蕎麦 貴賓館」)

※新型コロナウイルス感染拡大防止のため、2020年4月21日現在、貴賓館は臨時休業中です。最新情報は公式サイトにてご確認ください。

次に向かったのは、箱根の人気スポット「箱根小涌園ユネッサン」の敷地内にお店を構える箱根小涌園 天悠「蕎麦 貴賓館」。天成園から車やバスで20分ほどです。お蕎麦屋さんでフラワースイーツをいただけるって少し不思議ですよね。

貴賓館は、1918年(大正7年)に藤田平太郎男爵の別館として建てられた100年以上の歴史を持つ建物で、国登録有形文化財建造物にも登録されています。店内は今も大正ロマンの雰囲気が残っており、高級感がある素敵な空間です。

▲ Flower Garden 〜お花畑〜(1,320円)※コーヒー・紅茶・抹茶から1ドリンク付 1,540円

蕎麦 貴賓館でいただけるフラワースイーツは、1日20皿限定の「Flower Garden 〜お花畑〜」。一見フレンチテイストの洋スイーツのようですが、食材に豆腐や抹茶など和のものを使っていたり、貴賓館の庭園をイメージしていたりと、和と洋のいいとこ取りをしたスイーツです!お皿も和の雰囲気で大人っぽい。

飴細工のドームの中には、ふわふわ食感の豆腐のクレームダンジュ、イチゴとローズのシロップを染み込ませたスポンジ、ローズ風味のクラッシュゼリー、ザクザク食感の抹茶のフィアンティーヌなどが入っており、口の中で一度にさまざまな食感を楽しめます!

ライチ風味の透明のゼリーにはエディブルフラワーや金箔が閉じ込められており、高級感があります。アガーという材料を使っているので、ゼラチンよりも弾力があるモチっとした仕上がりになっています。

セットのドリンクは、抹茶がおすすめです。さっぱりとした心地の良い苦みが甘いスイーツとよく合います。そんなに重くないので、お蕎麦を食べたあとや何軒かスイーツはしごをしたあとでもぺろっと食べられます。




3.木箱に入った、まるでお花畑のようなフラワースイーツ(小田急 山のホテル)

※新型コロナウイルス感染拡大防止のため、2020年4月21日現在、山のホテルのラウンジ・バーは営業時間を短縮して営業中です。最新情報は公式サイトにてご確認ください。

最後に向かったのは、箱根神社近くの「小田急 山のホテル」。箱根小涌園 天悠から車やバスで20分ほどです。芦ノ湖や富士山を望むことができる抜群のロケーションに建つ本格リゾートホテルです。

フラワースイーツをいただけるのは、1階の「ラウンジ・バー」。落ち着いた静かな雰囲気で、くつろぎのひとときを過ごせます。編集部が訪れた日は雨でしたが、天気が良ければテラス席から絶景を眺めることもできるのだそう。

▲ 春花 〜haruka〜(1,694円 ※コーヒー、紅茶、ほうじ茶から1ドリンク付き)

山のホテルでいただけるフラワースイーツは、1日30個限定の「春花 〜haruka〜」。蓋を開けると、木の重箱の中には4つの和スイーツが詰め込まれており、まるでお花畑のよう!スイーツはホテルの庭園に咲く花々をイメージして作られたのだとか。

スイーツは、イチゴをバラに見立てた「苺ミルク豆腐」、桜の塩漬けのしょっぱさとゼリーの甘さのバランスが絶妙な「桜のゼリー」・あんこやアイスクリームを使った和テイストの「ピスタチオブリュレ」、グリンピースを練りこんだ「うぐいす羊羹」の4種類。

スイーツもさることながら重箱の蓋にも注目です。箱には川瀬巴水の版画や花束があしらわれており、特別な日に送るプレゼントのようです。花束は持ち帰ってもいいのだそう。

コーヒーや紅茶もいいですが、和スイーツなのでほうじ茶とよく合います。急須に入った状態で出していただけるのもいいですね。




嬉しいキャンペーンも!

箱根スイーツコレクションのスイーツを撮って、「#箱根スイーツコレクション2020」のハッシュタグをつけインスタグラムに投稿すると、素敵な商品が抽選で当たるキャンペーンも実施されています!

撮って投稿したくなる可愛らしい見た目のスイーツばかりなので、スイーツ巡りをする際にはぜひ参加してみてくださいね!




今回ご紹介した3つのフラワースイーツ以外にも、箱根らしい“和”を感じさせるスイーツやソースをかけると花が咲くスイーツなど、さまざまな限定スイーツが揃っています。

今年の春は、箱根でフラワースイーツ巡りをしてみてはいかがですか?




あなたの知らない
しおりをご紹介!

create このしおりを書いたライター

このライターのしおり