search

close

6月〜7月は「ラベンダー」の季節。やさしい香りに癒されながら、ラベンダーの摘み取り体験をしてみませんか? 摘み取ったラベンダーは、ドライフラワーにして飾ったり、ハーブティーやサシェを作ってみたりと、さまざまな楽しみ方ができます。

編集部は、今月オープンしたばかりの「千年の苑 ラベンダー園」にて、ラベンダーの摘み取りを体験してきました!




埼玉に新しくオープンした、日本最大級のラベンダー園

2019年6月、埼玉県の嵐山町(らんざんまち)に、日本最大級のラベンダー園「千年の苑 ラベンダー園」がオープンしました。

2019年6月8日(土)〜7月7日(日)には「らんざんラベンダーまつり」が開催されており、期間中はラベンダーの摘み取り体験ができるほか、地元産品の販売も実施されます。

「千年の苑 ラベンダー園」へは、東武東上線「武蔵嵐山駅」からバスまたはタクシーで約10分。池袋駅から1時間ほどで行けるアクセスの良さが魅力ですね!





東武東上線「川越特急」で行ってみました!

編集部は池袋駅から、今年3月に運行がスタートしたばかりの「川越特急」を利用して嵐山町へ向かいました。

「川越特急」は、東武東上線沿線を代表する観光地・川越への利便性をさらに高める目的で運行が始まった特急で、池袋〜川越間を最速26分で結んでいます。ラベンダー園の最寄駅である「武蔵嵐山駅」にも停車するので、乗り換え無しで行くことができますよ。(池袋〜武蔵嵐山間は54分。)

▲ ホームドアに貼られている「川越特急」下り時刻表 池袋駅からは毎日10:00・11:00発

▲「川越特急」車内はこんなかんじ

“特急”ということは料金が少し高いのでは?と思っていましたが、「川越特急」は特急料金が不要! 全車両が自由席となっており、気軽に乗ることができます。

通勤で普段利用している電車とは違ってクロスシートなので、ちょっとした旅気分を味わうことができました。

▲ 武蔵嵐山駅では、可愛いツバメたちが迎えてくれました





ラベンダーのやさしい香りに癒される

武蔵嵐山駅から10分ほどバスに乗って、ラベンダーまつりの会場に到着!

開園時間は9:00〜17:00(入場は16:30まで)、入場料は500円(中学生以下及び障がい者手帳を持参の方は無料)です。会場の外まで漂うラベンダーの香りを楽しみながら、さっそく会場内へ入ってみましょう。

こちらはラベンダー園内に設置された見晴台からの眺め。紫色の絨毯のような光景を想像していましたが・・・どうやらまだ少し早かったみたいです。(撮影日:2019年6月17日)
それでも、園内はラベンダーの香りでいっぱい!!! ラベンダーは、満開になる直前が最も香りを楽しめるのだそうです。





ラベンダーの摘み取り体験

「らんざんラベンダーまつり」期間中は、「ラベンダースティック教室」や「摘み取り体験」が開催されています。(※「ラベンダースティック教室」は火・木・土・日曜開催、「摘み取り体験」は毎日開催。雨天または足元の悪いときは中止の場合があります。)

編集部は「摘み取り体験」に参加させていただきました! 事前予約不要で、料金は1人300円です。

「摘み取り体験」の受付にて、ハサミとリングを受け取ります。このリングに収まる分だけ摘み取りOKとのこと!

摘み取りのポイントや注意事項を説明していただいてから、摘み取り体験スタート!

ラベンダーの花は下から上へと順番に開花していきます。ドライフラワーにするのであれば、下のほうが少し咲いていて上まで咲ききっていないものが狙い目。まだ咲ききっていないのに、となんだか申し訳ない気持ちになってしまいますが、花を長く咲かせておくと株に負担がかかってしまうのだそうです。

リングにはまだ余裕がありましたが、編集部はドライフラワー1束分くらいを目安に摘み取って終了しました。受付のおばちゃんによると、「こんなに少なくていいの? みんなこの2倍は摘んでいくよ!」とのこと。300円でそんなに摘み取って良いなんて、かなりお得なのでは・・・?

最後はこんなふうに、持ち帰りやすいよう輪ゴムでとめて袋を付けていただけました。

摘み取ったラベンダーは、直射日光の当たらない風通しの良い場所に数日間吊るして乾燥させ、ドライフラワーにします。その後はそのまま飾って楽しんでも良し、切って「サシェ(香り袋)」を作るも良し。自宅に癒しの香りを持ち帰ることができるのは嬉しいですね。





ラベンダーまつり期間中は、フードやラベンダー苗の販売も

園内では「ラベンダーソフトクリーム」や、嵐山のB級グルメ「嵐山辛モツ焼きそば」などのフード、町内の農家の方が育てたラベンダー苗やラベンダーグッズも販売されています。

「らんざんラベンダーまつり」は2019年7月7日(日)まで。都内からのアクセスも良い「千年の苑 ラベンダー園」へ、ぜひ足を運んでみてください。ラベンダー園の付近には、河原でBBQや水遊びができる「嵐山渓谷バーベキュー場」もあるので、自然豊かな嵐山町で丸一日過ごすのも良いかもしれません!



「らんざんラベンダーまつり」
期間  2019年6月8日(土)〜7月7日(日)
時間  9:00〜17:00(入場は16:30まで)
見学料 500円(中学生以下及び障がい者手帳を持参の方は無料)
会場  埼玉県嵐山町「千年の苑 ラベンダー園」
最寄駅 東武東上線 武蔵嵐山駅



あなたの知らない
しおりをご紹介!

create このしおりを書いたライター

このライターのしおり