search

close

2019年6月1日(土)・2日(日)の2日間、東京・日比谷公園にて入場無料の音楽フェス「日比谷音楽祭」が開催されています。

itta編集部は日比谷音楽祭1日目(6月1日)に、会場の日比谷公園へ行ってきました! どんなコンテンツが楽しめるのか、会場のようすをさっそくレポートしたいと思います。





豪華アーティストのライブも無料!?「日比谷音楽祭」とは

2019年6月1日(土)2日(日)の2日間にわたって開催される「日比谷音楽祭」は、“フリーで誰もが参加できる、ボーダレスな音楽祭” をコンセプトとしたイベント。元東京事変のメンバーでもある音楽プロデューサー・亀田誠治さんの呼びかけにより、開催が実現しました。

「日比谷音楽祭」では音楽ライブや楽器体験、様々なワークショップを無料で楽しむことができます!(※一部有料ワークショップあり。大音楽堂でのライブは抽選制の無料観覧チケットが必要。)





「日比谷音楽祭」1日目の会場のようす

「日比谷音楽祭」1日目。都心のオアシス「日比谷公園」は音楽で溢れていました!
様々なコンテンツの一部を、写真でご紹介します。

・MUSIC

▲ 警視庁音楽隊による演奏

▲ 高級音響システムを体験できる「Technics Sound Trailer」

▲ ローランド/ボスブースには、最新のデジタル楽器がずらり(試奏可能!)

▲ カジュアル管楽器「Venova」ワークショップ。大人数での合奏、とても楽しそうでした!

▲ 楽器体験コーナーでは小さなお子さんの姿も多く見られましたよ

▲ ペイントオカリナのワークショップ

▲ 小さなお子さんから大人まで、みんなで楽しめる「ドラムサークル」


・FOOD

▲ グルメも楽しみの一つ! 珍しい “コオロギで出汁をとったラーメン” も販売していました

▲ 鰻の良い香り...!

▲ 現金で購入するより、チケットを利用するほうがお得です

▲ 少量ずつ販売されているので、組み合わせてピクニックプレートを作ってみましょう

▲ こちらはフードカルチャーマガジン「RiCE」プロデュースの、「お~いお茶 新緑」×「BUY ME STAND」×「SOLA PIZZA」コラボレーションブース

▲「お~いお茶 新緑」とスペシャルサンドイッチをセットで買うと、オリジナルバッグがもらえました(セットで600円)

▲ ブース横では「新緑 呼吸ワーク」に参加できます





豪華アーティストのステージも!

▲ Hibiya Dream Session1 オープニング(オフィシャル提供写真)

メインステージ「日比谷公園大音楽堂(野音)」では、スペシャルライブ「Hibiya Dream Session 1」が行われました。抽選制ではありますが、こちらも無料で楽しめるプログラムです。

オープニングセレモニーには小池百合子東京都知事がサプライズゲストとして登壇。その後、KREVA / 山本彩 / JUJU / ミッキー吉野&タケカワユキヒデ from ゴダイゴ / 布袋寅泰 / 石川さゆり ら豪華アーティストが次々と登場し、会場は熱気に包まれました。

▲ KREVA / Hibiya Dream Session1(オフィシャル提供写真)

▲ 山本彩 / Hibiya Dream Session1(オフィシャル提供写真)

▲ JUJU / Hibiya Dream Session1(オフィシャル提供写真)




「日比谷音楽祭」2日目にも、豪華アーティストによるステージ「Hibiya Dream Session 2」(6月2日14:30〜)、「Hibiya Dream Session 3」(6月2日19:00〜)が予定されています。当日抽選には公式アプリで参加可能!

2日目の出演アーティストや詳細情報は、公式サイトにてご確認ください。

>>「日比谷音楽祭」公式サイト


あなたの知らない
しおりをご紹介!

create このしおりを書いたライター

このライターのしおり