search

close


2019年6月1日(土)、居酒屋「豊洲もったいないプロジェクト 魚治 中目黒」が東京・中目黒にオープンしました!「魚治 中目黒」では規格外で買い手がつかなかった食材を使った料理を味わうことができます。

編集部は、オープン前に開催された内覧会へ行ってきました!




高架下にオープンした「豊洲もったいないプロジェクト 魚治 中目黒」

2019年6月1日(土)にオープンした「豊洲もったいないプロジェクト 魚治 中目黒」がお店を構えるのは、中目黒駅〜祐天寺駅間に展開している商業施設「中目黒高架下」です。

店内は座席と座席の距離が近く、とてもアットホームな雰囲気。カウンター席だと店員さんとの距離も近いので、気になった食材や料理について気軽に聞くこともできます。

もったいない食材の中でも、特に“もったいない魚”にフォーカスしている魚治。店内の黒板には「うちに来たら...刺身と天ぷらを食べるべし!!!!」と書かれていました。

和食がメインなので、和食によく合う日本酒も多く取り揃えられています。




“もったいない食材”を使った絶品料理!

魚治で扱っているもったいない食材は、規定のサイズではない、ほんの少し傷があるなどの理由で規格外となってしまい、買い手がつかなかったもの。しかし、規格外だからといって味が落ちるわけではなく、調理して提供されたら全くわかりません!

仕入れることのできるもったいない食材は毎日違うので、常に同じメニューがあるとは限らないのも魚治の魅力のひとつ。食べたかった料理がない...という日もあるかもしれませんが、そういう日は新たな絶品料理と出会えるチャンス!

ここからは編集部が実際に食べた料理を一部ご紹介していきます。

魚治イチオシの「刺身(税別 480円〜)」は厚くカットされていて、食べ応えがあります。
今回はカツオとサワラのお刺身をいただきました。サワラは白身でコリコリとした食感、カツオは箸で持つと弾力を感じるほど身がプリプリでした。

「てま天(手巻き寿司の天ぷら)〜うに〜(税別 300円)」。
手巻きの形で揚げた海苔にお米と具材をのせた、一口サイズの手巻き寿司。濃厚なウニと揚げたことによってさらに香りが良くなった海苔の相性は抜群。

その日の仕入れ状況によって中身が変わる「魚のメンチ(税別 280円)」。中身は10種類ほどの魚を使っています。中身に合わせて調味の仕方も変えているというこだわりの一品です。

時間をかけて煮込まれた「サバの味噌煮(税別 680円)」。身はとても柔らかく、箸をいれるだけでほろほろとほどけます。濃いめの味噌とサバの旨味がマッチした一品で、お酒にもご飯にもよく合います。

魚治 中目黒のオリジナルメニュー「おこげさんど」。「ハモ天おこげさんど(税別 500円)」は、ハモ天のサクっと感、おこげのパテのカリッと感、2つの食感を同時に楽しめます。噛めば噛むほど、お米の甘みやハモの旨味が口の中に広がります。




“町の魚屋”のように鮮魚の店頭販売も!

魚屋としての一面も持つ「魚治 中目黒」。店頭では毎日豊洲市場から仕入れる新鮮な魚の販売も行なっています。下ごしらえの仕方やおすすめレシピの紹介なども教えてくれるので、料理が苦手な人でも安心して購入することができます。

外に座席があるので、魚を買ったついでに一杯飲んでいく、なんてこともできます。




「魚治 中目黒」は、もったいない食材を絶品料理に変える素敵な居酒屋でした。
仕入れる食材は毎日異なるので、何度行ってもそのたびに新しい料理と出会えます。中目黒を訪れた際はぜひ立ち寄って、もったいない食材を味わってみてください。




あなたの知らない
しおりをご紹介!

create このしおりを書いたライター

このライターのしおり