search

close

友人と一週間ほどイギリスに行ってきました。
「イギリス」と聞くとロンドンを思い浮かべる方が多いかと思いますが、ロンドンだけで満足してしまうのはもったいない!
今回の旅で訪れた「コッツウォルズ」がとっても素敵な場所だったのでご紹介します。

絵本の世界のようなコッツウォルズ

特別自然景観地域に指定されているコッツウォルズ地方は、自然あふれる、のどかで美しい場所です。可愛らしい建物ばかりで、絵本のピーターラビットの世界観そのもの。

今回私たちは、ロンドンからコッツウォルズへH.I.S.さんのオプショナルツアーで向かい、コッツウォルズ地方でも人気の観光地である4つの村をまわりました。

Burford(バーフォード)

バーフォードは、大通りにだいたい同じ高さの建物がずーっと並んでいて、坂になっています。建物の下の階にお店がありました。

通りの奥の方には教会があります。
周りの建物より高さがあるので目立ってました。
中は人があまりおらず、静かで落ち着いたところです。

 

途中で買ったお菓子屋さんのチョコレートが美味しかったです。
チョコ以外にも、クッキーやジャムなど色々なお菓子がありました。
チョコはバラ売りで、ショーケースにケーキのように置いてありました。

 

Bibury(バイブリー)

2つ目の村は、バイブリー。
ここは「イギリスで最も美しい村」と言われています。

絵本に出てきそうなこの建物、実はホテルなんです!
「ザ スワン ホテル」。次はここに泊まりたい・・・。

 

ホテルの近くにあった橋。
写真だとわかりづらいですが、川の水がとても透き通っててきれいでした。

いい感じの建物を見つけました。
本当に絵本の中の世界のようで、写真を撮らずにはいられませんでした。

 

Bourton-on-the-Water(ボートン=オン=ザ=ウォーター)

ゆったりと流れる川を、カモが優雅に泳いでいます。

街の中心部にある橋の上にもカモがたくさん。
近づいても逃げないので結構人なれしてます。

 

香水屋さんのショーウィンドウです。
色々な種類の香水とキレイな香水用の瓶が売られてました。
どれもテスターがあるので、好きな香りを見つけるのに夢中になりました。

ちなみに写真の真ん中に猫が寝てます。
人形のようにずっと動かなかったので剥製だと思ってましたが、あとで調べたところ、近くのパブに住んでる猫だそうです。

 

中心部から少し歩き、この辺りでランチを。

お昼に食べたフィッシュアンドチップスです。
お好みでビネガーや塩コショウなどをかけていただきます。
美味しかったのですが、量が多すぎて食べきれませんでした。

 

Broadway(ブロードウェイ)

ここではお土産を買うのに夢中でした。

カフェでのんだグリーンティー。さっぱりしてて歩き疲れた後にはちょうどよかったです。

 

ギャラリーみたいです。絵が素敵な作品でしたので思わず撮らせてもらいました。
ブロードウェイは芸術の中心地として栄えているそうです。

 

また来たい!コッツウォルズ地方

コッツウォルズ地方は、どこをまわっても景色がキレイで素敵なところでした。
雰囲気は絵本のピーターラビットの世界観そのもの。
自然が豊かで、生き物もたくさんおり、時間の流れもゆっくりして、過ごしやすい場所でした。
街の人もみなさん笑顔で親切な方々ばかりでよかったです。

いつか住みたいと思うほど居心地が良すぎて、帰る時が本当に辛かったです・・・。
絵画やイラストを描くのが好きなので、次回はスケッチ旅行に訪れたいと思います。

あなたの知らない
しおりをご紹介!

create このしおりを書いたライター