search

close
2016-07-16

【サンアントニオ】北米のベニス!リバーウォーク探索☆おおきみかアメリカ横断中15

こんにちは!おおきみかです!
ガンガン!アメリカ横断中ですー!

これ、サンアントニオで流行っている帽子。
メキシカンハットです。かっこいいですよね。

小顔効果もあるし藁で作られてて意外に軽いし。
あー!ドンタコスねー!メキシコっぽいわー! ってちょっと盛り上がる

買わないけど笑

さて今回の都市は!!

14都市目のサンアントニオに入りました!
メキシコっぽいけどちゃんとアメリカ。
メキシコのちょっと上にあります。 ちょっと行ったら国境です!
国境を超えたいと、観光客がメキシコに行ったりするみたいですが、 正直、結構危ないと聞きます汗

旅をしてきて、出会った人のほとんどが、 『興味本位で国境は越えちゃダメだよ』と言っていました。
ここら辺に住むアメリカの人の中には、メキシコは物価が安いからメキシコに入国して日用品を買ってまた戻る人もいます。
観光客はアメリカからメキシコに入る分にはすっと行けるようですが、 またアメリカに戻る時に最悪何十時間もかかる時もあるようで。
国境付近は治安もいいとは言えないので危ないらしいので、私は大人しくサンアントニオを満喫したいと思います。

あとは、ここまで来るとやっぱりスパニッシュが多い。
英語とスペイン語が聞こえてきます。
ここもマイアミに似ていますね。
アメリカきっての観光都市でもあるサンアントニオは都会と古い歴史が残った場所です

リバーウォークを散歩

特にサンアントニオのリバーウォークはとても人気!
街の中に川があってボートに乗って見て回れます。

街もそうですが、ボートも色鮮やか! 派手な色使いがメキシコっぽいですね。
川の幅はボートがすれ違えるくらい。 結構すれすれでした。

橋が架かってるので上からボートを見ることが出来て、 カメラを向ければみんな手を振ってくれます! アメリカならではのノリwこっちも嬉しくなりますねー!

川の両側はレストランやホテルが連なってます。

ご飯を食べながら川を見たり船を見たり… まるで気分はリゾート風!
これもまた、ディズニーランドみたいだなーって感じました。

リバーウォークという括りは4.8キロだそうで普通に歩くと2時間位みたいですが、 リバーサイドには素敵なカフェやレストラン、民芸品などのギフトショップがたくさん!
気になった店に立ち寄って気ままに歩いてたら2時間じゃ足りないです笑

リバーウォークは観光用だと思っていたら、仕事に向かう人たちの足としても使われてました。

車や電車と同じ感覚なのかな?
サンアントニオの人にとってリバーウォークは生活の一部みたいです。
日本もいつか、車や電車と同じようにボートも使われるようになるのかなー。

実際にボートに乗ってみた

リバーウォークを歩いてるとツアー会社を発見!

チケット売り場もボート乗り場も目立つのですぐに見つけられます。
チケットは大人1人$10。

お決まりのボートのキャプテンと友達になりました☆

アメリカっていつもそうですが、定員数が揃うまでは出発しない。
もう待たされるのにも慣れましたw

座るところはこんな感じ

向き合って座ったら膝がぶつかり合っちゃうw
狭い電車みたいでした。 膝を守りながら出発です!

どうですか!このリバー!!

すごい濁ってるなー笑
前日の雨も影響してるのか透明度ゼロです。
ここで泳ぐことは無理でしょうw

でもボートから見るリバーウォークは美しい!

ボートツアーは40~50分。 キャプテンの歴史や建物の説明を聞きながらゆっくり進みます。
みんなずーっとカメラで写真を撮ってました。 私も負けずに写真を撮りまくります!

振り返ればキャプテン笑、と街並み。

リバーウォークの周りには高い建物が多くて、すぐ横を通るからずっと見上げてる状態。
ボートからの眺め、圧巻でした!

サンアントニオに来たら、リバーウォークは外せません!
サンアントニオへ行ったらリバーウォークを歩いて見て回るのも素敵ですが、 折角なのでボートにのってリバークルーズするのもオススメです☆
ぜひ、チャレンジしてみてください!

リバーウォークの水が濁ってたからかな…
今回もウィルには会えず…
次の都市では会えるといいなー!

store紹介した場所

リバーウォーク

place
アメリカ合衆国 テキサス州 サン・アントニオ

あなたの知らない
しおりをご紹介!

create このしおりを書いたライター

このライターのしおり