search

close
2018-12-13

忘年会やクリスマスにもおすすめ!「浅草ビューホテル」のレストランに特別コースメニューが登場!


浅草ビューホテル1階のレストラン「GRILL DINING 薪火」に、2018年11月1日(木)〜2019年2月28日(木)の期間限定で、オープン1周年を記念した特別コースメニューが登場!仕事仲間や友人との忘年会や新年会、恋人とのクリスマスやバレンタインなど、これからのイベントにおすすめ!

itta編集部がメディア向けの試食会に行ってきたので、お店の雰囲気や特別コースメニューをレポートしていきます。




本格薪火窯を中央に据える「GRILL DINING 薪火」

“魅せる&味せる”おもてなしで人気の、炎のエンターテインメントレストラン「GRILL DINING 薪火」。目 、耳、舌など五感で料理を楽しむ、新感覚の食のスタイルを提案しています。

「和魂洋才」がコンセプトのラグジュアリーな店内で特に目を引くのが“本格薪火窯”です。欧州各地から厳選した耐火煉瓦を使用したこだわりの釜の中をよく見ると、この後、実際に提供していただくチキンが焼かれていました。




オープン1周年記念の特別コースメニューがこちら!

▲薪火セレクション〜技〜(¥8,800(税抜) / 1人)

▲薪火パーティープラン(¥10,000(税込) / 1人)

グループで楽しむ「薪火パーティープラン」と、友人やカップルにおすすめの「薪火セレクション〜技〜」があります。両プランとも2人以上なら予約可能なので、2人でも「薪火パーティープラン」を楽しめます!

それぞれのプランで、編集部が美味しい!と思ったメニューを1つずつご紹介します!


・活カナダ産オマール海老しょっつるソース(薪火セレクション〜技〜)

プリップリのオマール海老は、身の弾力がすごいです!ソースに使われている「しょっつる」は秋田の伝統的な発酵調味料で、魚醤のひとつ。オマール海老との相性は抜群です。


・真鯛の薪火炙りカルパッチョ仕立て(薪火パーティープラン)

薪火で炙られることによって、鯛の旨みがギュッと閉じ込められています。濃い味付けではなく、鯛の素材自体の味を活かされた逸品です。




メインの肉料理は人数によってグレードアップ!

2つの特別コースメニューの目玉は、来店人数によってグレードアップする肉料理です!薪火パーティープランの通常の肉は「アンガス牛リブアイロール」、薪火セレクション〜技〜の通常の肉は「豪州産牛サーロイン肉」ですが、人数が増えると最大2段階グレードアップします。

・USアンガス牛Tボーンの薪焼グリル(3名以上〜)

3名以上だと「USアンガス牛Tボーンの薪焼グリル」にグレードアップします!T型の骨についた米国産サーロインとフィレ肉のグリルが同時に楽しめるステーキです。脂身と赤身の部分のバランスがよく、非常に食べやすい!

・USアンガス牛の赤身肉 トマホーク薪焼ステーキ(5名以上〜)

5名以上だと「USアンガス牛の赤身肉 トマホーク薪焼ステーキ」にグレードアップします!赤身肉の中では最も肉質が良く、柔らかいのが特徴のお肉で、噛めば噛むほど旨みが口の中に広がります。

・お肉に合う絶品のソース

スープのように見えますが、実はこれ、ステーキにかけて食べるソースなんです!ポテトとほうれん草を使ったクリーミーなソースは、予想以上にお肉との相性抜群!塩やマスタードなどもあったのですが、あまりの美味しさにほとんどこのソースでステーキをいただきました。




料理とよく合う200種類以上のワインも!

「GRILL DINING 薪火」では、2ヶ月ごとにテーマを決め、200本の中からオススメのワインを案内してくれます。プロがオススメしてくれるので、ワインが全然わからない人も安心です。

この日はアペタイザーによく合う白ワイン1本、お肉によく合う赤ワイン2本、合計3本のワインをピックアップしていただきました!3本はどれも山形県の朝日町ワイン・サントネージュかみのやま奈良崎畑ワインです。山形県の朝日町は、寒暖差が激しい地域なので美味しいワインを作れるのだとか!




「GRILL DINING 薪火」のオープン1周年を記念した特別コースメニューは、ちょっと贅沢な忘年会・新年会を楽しみたい人たちや特別な時間を過ごしたいカップルたちなど、老若男女問わず幅広い世代におすすめです!

2019年2月28日(木)までの特別コースメニュー、ぜひ食べに行ってみてください!




あなたの知らない
しおりをご紹介!

create このしおりを書いたライター

このライターのしおり