search

close

こんにちは!
今回は、冬の「天狗岳(てんぐだけ)」に登ったときのことを振り返ります。

季節外れな感じもしますが、新型コロナウイルスの影響でなかなか登山が楽しめない今、あえて非日常的な冬の景色をシェアしたいと思います。写真で少しでも山の空気感を楽しんでいただけたら幸いです。

YouTubeに動画もアップしているので、よかったらそちらも見ていただけると嬉しいです!(「おきがる」で検索)


宣伝はさておき。
今回ご紹介する「天狗岳」は、長野県の八ヶ岳連峰に属している標高2,646mの山。
本格的な雪山登山はこれが初めてでした!




今回のコース

今回は深夜1:00に家を出発し、渋の湯にある駐車場を目指しました。駐車場は6:00に受付開始です。準備を済ませて7:00に登山開始!

コースの流れとしては、

渋の湯駐車場 → 黒百合ヒュッテ → 東天狗岳 → 西天狗岳 → 天狗の奥庭 → 黒百合ヒュッテ → 渋の湯駐車場

とこんな感じ!
渋の湯駐車場から黒百合ヒュッテまでは、コースタイムで2時間ほどとなっています。

最初のほうは樹林帯の道が続きます。
ところどころ分岐点がありますが、黒百合ヒュッテと書いてある方向を進めば大丈夫です。




雪の道をザクザク歩く

1時間くらい進んでいくと積雪量が増え、歩くのが楽しくなってきました。
言い忘れていましたが、今回は最初からチェーンアイゼンを装着しています。黒百合ヒュッテまでは危険箇所もなく、チェーンアイゼンだけで余裕で登れます!

2時間ほど経過し、黒百合ヒュッテに到着しました!
ここでの気温はマイナス7度くらいでしたが、天気が良く、そこまで寒く感じませんでした。

ここで初めての12本アイゼンをつけます。

準備を済ませて再スタート!

ザクザクザク

歩くたびに心地よい音が・・・たまりません。


そんな感じでアイゼンでの歩行を確認しつつ、中山峠まで数十分歩いていきました。
ここまで来ると、今回のメインである天狗岳が望めます!

ここからは岩場があり、アイゼンをつけて歩くのが少々難しくなります。

またある程度登り進めていくと、東天狗・西天狗の両方を見られるようになってきます!

(もう一本誰のや!?と思われるかもしれませんが、父のものです。雪山に一人で行かせてくれず、今回ついてきてくれました。笑)




一面の銀世界!

だんだん、身体が揺さぶられるほど風が強くなってきました。この日の予報では、最大風速20m/sほど。

強風の影響で、雪に模様がついています。

東天狗岳に近づくにつれて、傾斜が急になってきます。
アイゼンの力を実感しながら、ゆっくりと一歩一歩登り進めます。

そしてやっと、東天狗岳に到着!

周りに見える山々の眺望を楽しみました。
ある程度写真を撮って、隣の西天狗岳を目指していきます!


谷は想像を絶するほどの強風でした。
時々くる爆風に雪が乗って、顔面に激しい痛みがはしります。

最後の急登。

バラクラバ、ゴーグルいるわ・・・
そんなことを考えながら進んでいきます。

父もかなり厳しそうで、YouTubeの動画のほうでも何回か「ちょっと待ってー」と呼びかけているんですが、強風のせいで声がまったく届きません・・・

そんなこんなで、西天狗岳に到着!!!




天狗の奥庭

感動的な景色を存分に楽しんで、渋々下山。途中で当初予定していたコースから外れ、天狗の奥庭まで来てしまいました。

岩場が多く、本当に歩きにくい道でした・・・
また、このコースで下山する登山客が少ないためコースが分かりにくく、かなり体力が奪われます。

しかし! ここで振り返ると、もうそれはそれは絶景でした!!!

写真を見ても分かる通り本当に岩が多いのですが、天狗の奥庭に来ないと見られない景色に出会うことができました。




最後は黒百合ヒュッテでビーフシチューを

なんとか岩場を抜けて、黒百合ヒュッテまで戻ってくることができました。

黒百合ヒュッテでは、名物のビーフシチューを!
ご飯が売り切れでパンにしました。

疲れた体に沁みます・・・ 絶品でした!


初めての本格雪山、最高の登山にすることができました!
それではまた。


あなたの知らない
しおりをご紹介!

create このしおりを書いたライター

このライターのしおり