search

close

ビーチや遺跡、寺院など見どころが多く、食事も美味しいタイは、日本人にも大人気の観光地!

今回ご紹介するのは、タイの「サメット島」。
プーケット島やパタヤなどの有名リゾート地と比べると人が少ないため、豊かな自然の中でのんびりと過ごすことができます。ビーチの美しさは圧倒的!

しかも、バンコク中心部から簡単に、安く行くことができるのです!




バンコクから「サメット島」への行き方

バンコク・BTSエカマイ駅近くの東バスターミナルから、高速バスでバンペー港に向かうのが一般的なルートで
所要時間:約3時間30分〜4時間
費用:200B(700円ほど)

港からは船に乗ってサメット島に向かいます。
所要時間:約30分〜50分
費用:20〜40B(150円ほど)


ラヨーンのバンペー港付近の海はこんな感じ。

汚い・・・

おいおい、本当に綺麗なビーチにたどり着くのか?
不安が募ります。


ところが、出港から数分が経過すると

お!!!
だんだん海の水が綺麗になっていく!!!

島への期待も高まってきます!




サメット島に到着! 島で過ごす1泊2日

サメット島に着き、入島料の20Bを払ってホテルに向かいます。

ホテルの目の前には美しいビーチが!
さっそく、ビーチでのんびり過ごすことに。

一人でビーチを堪能していると、何やら小さい物体がこちらに向かってきます。

よく見ると、子犬!
小さいのに一生懸命走っている・・・

子犬と仲良くなりました。
ビーチで一緒に遊んでいると、どこからか日本語が聞こえてきます。

ん!? 日本人がいる!!!

そうです、日本を離れて数日しかたっていないのに、日本語を聞いただけで反応してしまうほど日本が恋しくなっていたのです・・・。
嬉しさのあまり声をかけて、一緒に遊ぶことになりました!

大学2年生の男子2人。
今回は一人旅だったので泳ぐのを諦めていましたが、彼らのおかげでこの美しい海で楽しく泳げました!

そのあと夕日を見にいき、夜ごはんまでご一緒させていただきました!

夕食は日本人にも人気のタイ料理、パッタイ。
甘辛い感じでとても美味しかったです!


次の日、彼らとレンタルバイクで島を1周しました。島全体がそれほど大きくないので、バイクがあれば十分まわれます!

そして彼らとのお別れ。固く握手をして僕は島を後にしました。
1泊2日のサメット島、彼らのおかげで満喫することができました。本当にありがとう! タイでは他にもいろいろな場所に行きましたが、サメット島で過ごした時間が一番の思い出です。




バンコク近郊の美しいビーチをお探しの方はぜひ、「サメット島」をチェックしてみてください! 日帰りでも楽しむことができますが、せっかくなら島に1泊してのんびり過ごすのがおすすめです。

それではまた!


あなたの知らない
しおりをご紹介!

create このしおりを書いたライター

このライターのしおり