search

close

世界遺産と楽しめる!京都の桜名所

【金閣寺】

世界遺産の「金閣寺(鹿苑寺)」。三島由紀夫や水上勉の小説でも知られています。金閣は舎利殿として建てられたもので、鏡湖池に映る金箔の楼閣が美しい。桜の数は少ないですが、角度によっては桜と楼閣を楽しむこともできます。

<基本情報>
住所:京都府京都市北区金閣寺町1
アクセス:市バス「金閣寺前」下車すぐ
例年の見ごろ:3月下旬~4月上旬
時間:9:00~17:00
料金:大人(高校生以上)400円、小中学生300円




【上賀茂神社】

世界遺産の「上賀茂神社(賀茂別雷神社)」。下鴨神社と並び、京都で最も古い神社の一つです。京都の三大祭りのひとつ、「葵祭(あおいまつり)」は両社のお祭り。
「細殿(ほそどの)」と呼ばれる建物の前に、円すい形に盛られた一対の白い砂山(立砂)があり、鬼門・裏鬼門に砂をまく「清めのお砂」の起源とされ、厄除けや浄化のパワースポット。

一の鳥居をくぐると、広々した境内が広がり、見事な斎王桜(しだれ桜)が見えます。桜の種類も多く、長期にわたって桜を楽しむことができます。

<基本情報>
住所:京都市北区上賀茂本山339
アクセス:市バス「上賀茂神社前」下車すぐ
例年の見ごろ:4月上旬~4月中旬
時間:5:30~17:00
料金:境内無料、本殿・権殿 500円




【天龍寺】

世界遺産の「天龍寺」。写真の曹源池庭園(そうげんちていえん)は、日本初の国の史跡・特別名勝に指定された名庭園。ツツジ、新緑、雪景色、紅葉も風情がありますが、桜の美しさも格別です。敷地内には約200本の桜が咲き誇り、「望京の丘」から見下ろす景色は絶景。

<基本情報>
住所:京都府京都市右京区嵯峨天龍寺芒ノ馬場町68
アクセス:阪急電車「嵐山駅」から徒歩約10分
例年の見ごろ:3月下旬~4月中旬
時間:8:30~17:30(変動あり)
料金:庭園(曹源池・百花苑) 大人(高校生以上)500円、小・中学生300円、諸堂参拝+300円




【神護寺(じんごじ)】

世界遺産の「神護寺(じんごじ)」。愛宕山系の高尾山の中腹にある山岳寺院です。紅葉の名所で知られていますが、桜も美しい名所。春の高尾では、桜とヤマツツジも同時に楽しむこともできます。高雄(尾)山の神護寺、栂尾山の高山寺、槙尾山の西明寺の「三尾めぐり」は、定番の観光コースのひとつ。

<基本情報>
住所:京都府京都市右京区梅ヶ畑高雄町5番地
アクセス:市バス「高雄」から徒歩約20分
例年の見ごろ:4月上旬~4月下旬
時間:9:00~16:00
料金:大人(中学生以上)600円、小学生300円





無料で24時間楽しめる!京都の桜の名所

【哲学の道】

「哲学の道」は、熊野若王子(にゃくおうじ)神社から銀閣寺参道まで続く、全長約2キロメートルの散歩道。哲学者・西田幾多郎らが好んで散策した小径です。疏水沿いに約500本のソメイヨシノが咲き誇り、満開時には桜のトンネルが続きます。水の流れに浮かぶ桜も美しい。

<基本情報>
住所:京都府京都市左京区銀閣寺町付近~若王子町付近の疏水沿い
アクセス:市バス「銀閣寺道」から徒歩約5分
例年の見ごろ:3月下旬~4月上旬
時間:散策自由
料金:無料




【鴨川 河川敷】

京都市内を流れる鴨川の河川敷は桜並木が続く、地元民のお花見スポット。七条大橋から三条大橋までの「花の回廊」には、しだれ桜やソメイヨシノが咲きます。さらに、上流の賀茂川沿い(葵橋付近から上賀茂橋付近)の桜並木は特に美しい。

加茂街道や鴨川公園など、賀茂川のせせらぎや大文字を背景に、ソメイヨシノが淡いピンクの帯のように咲きそろいます。正に京の春はたけなは。

<基本情報>
住所:京都府京都市左京区、北区
例年の見ごろ:3月下旬~4月上旬
時間:散策自由
料金:無料




【半木(なからぎ)の道】

「半木(なからぎ)の道」は、京都府立植物園の西側にある賀茂川(東側)堤防の散歩道。北大路橋と北山大橋の間、約800メートルにわたって、八重紅枝垂桜(ヤエベニシダレザクラ)が桜のトンネルのように咲き誇ります。

<基本情報>
住所:京都府京都市左京区下鴨半木町
アクセス:京都市営地下鉄「北山駅」「北大路駅」から徒歩約10分
例年の見ごろ:4月上旬~4月中旬
時間:散策自由
料金:無料




【岡崎疏水】

琵琶湖疏水のうち、岡崎周辺(平安神宮、京都市美術館、京都市動物園など)を流れる分流を、「岡崎疏水」と呼んでいます。春には、水面をかすめるように桜が咲き誇り、遊覧船の十石舟から桜並木を楽しむこともできます。

夜にはライトアップも行われ、幻想的な夜桜を見ることも。定番の散策モデルコース(南禅寺~銀閣寺コース、蹴上インクライン~哲学の道コース)とあわせて観光するのもおすすめ。

<基本情報>
住所:京都府京都市左京区南禅寺草川町
アクセス:市バス「岡崎公園 美術館・平安神宮前」すぐ
例年の見ごろ:3月下旬~4月上旬
時間:散策自由
料金:無料




【蹴上(けあげ)インクライン】

「蹴上(けあげ)インクライン」は、琵琶湖疏水を使って船を運航するために設けられた傾斜鉄道の跡地です。全長582メートルは、傾斜鉄道跡としては世界最長。線路跡には美しい桜並木が続きます。桜並木と大規模な鉄道跡は日本国内で珍しく、SNS・インスタスポットとして女子旅にも人気の桜名所。ライトアップは行われていませんが、月明かりで照らされた夜桜は幻想的。

<基本情報>
住所:京都府京都市東山区東小物座町339
アクセス: 京都市営地下鉄「蹴上駅」から徒歩約3分
例年の見ごろ:3月下旬~4月上旬
時間:散策自由
料金:無料




【京都御苑】

明治時代まで天皇のお住まいだった場所が「京都御所」。御所を囲む周囲約4キロメートルの公園が「京都御苑」。敷地内には約1000本の桜が植えられ、早咲きから遅咲きまで桜の種類が多く、長い期間にわたってお花見を楽しむことができます。

<基本情報>
住所:京都府京都市上京区京都御苑3
アクセス:京都市営地下鉄「丸太町駅」「今出川駅」すぐ
例年の見ごろ:3月下旬~4月下旬
時間:散策自由
料金:無料




【糺(ただす)の森】

加茂川と高野川にはさまれた鴨川デルタ。この場所が「糺(ただす)の森」と呼ばれるエリアです。世界遺産の「下鴨神社(賀茂御祖神社)」の参道にあたり、紀元前3世紀ごろの原生林と同じ植生を今に伝えます。静寂と神聖な雰囲気に包まれた癒しのスポット。桜の数は少ないですが、糺の森を抜け、赤い鳥居をくぐると、下鴨神社の楼門に重なるように桜が咲いています。


糺の森には、美の聖地「河合神社」があり、女性に人気。下鴨神社の第一摂社「河合神社」は、女性の守り神で美麗の神様「玉依姫命(たまよりひめのみこと)」を祀り、鏡の形をした「鏡絵馬」を奉納することで知られています。自分のメイク道具で鏡絵馬にお化粧して奉納し、美麗祈願するスポット。また、下鴨神社の摂社である「相生社(あいおいのやしろ)」もあり、恋愛成就や縁結びのパワースポットとしても人気があります。

<基本情報>
住所:京都府京都市左京区下鴨泉川町
アクセス:市バス「下鴨神社前」下車すぐ
例年の見ごろ:3月下旬~4月下旬
時間:散策自由
料金:無料





あなたの知らない
しおりをご紹介!

create このしおりを書いたライター

このライターのしおり