search

close

2020年の桜は早め!京都では3月21日に開花、3月29日に満開

2020年、京都の桜の開花予想は3月21日(2019年は3月27日)、桜の満開・見ごろは3月29日(同4月6日)。

2020年の桜は記録的に早く開花し、全国トップは東京で3月14日に開花。仙台など平年より2週間以上早い所も。18日には横浜が開花。21日には名古屋、福岡、高知、広島、大阪などでも開花し、鹿児島では3月30日に開花する見込み。

3月末には九州から関東、東北南部にかけて広い範囲で開花し、函館では4月22日、札幌は4月25日に開花する模様(日本気象協会調べ、3月19日発表)。





早咲きは「平野神社」「嵐山」など、遅咲きは「仁和寺」「三千院」など

京都で早咲きの桜が楽しめる名所では、「淀水路」「平野神社」「醍醐寺」「祇園白川」「嵐山」「清水寺」「哲学の道」「二条城」「京都府立植物園」「京都御所」などがおすすめ。遅咲きの桜では「仁和寺」「上賀茂神社」「原谷苑」「半木(なからぎ)の道」「鞍馬寺」「三千院」といった、お花見スポットがおすすめです。





清水寺や二条城、平野神社、東寺など、夜桜のライトアップも

幻想的な夜桜のライトアップも楽しむこともできる、京都の桜名所は、「清水寺」「祇園白川」「平野神社」「円山公園」「高台寺」「平安神宮」「二条城」「東寺(教王護国寺)」「知恩院」「青蓮院門跡」「圓徳院」「将軍塚青龍殿」「京都府立植物園」「下木屋町(木屋町通)」など。

そこで、京都の観光スポットランキングでも人気の高い寺院や神社などを中心に、京都の桜の名所や穴場もご紹介。桜祭りや夜間特別拝観、桜のライトアップ情報もまとめました。





新型コロナウイルスの影響でイベントの中止も

新型コロナウイルスの影響により、2020年の花見関連のイベントは中止や日程変更の可能性がございます。最新情報は公式サイトにてご確認ください(知恩院の春のライトアップ、平安神宮の紅しだれコンサート、円山公園のライトアップや長時間の宴会・飲食などは、すでに中止が確定)。

また、新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐため、飲食を伴う宴会は自粛するよう、日本全国各地で呼びかけています。お出かけの際は感染予防に努め、散策しながら桜を楽しみましょう。





京都観光の2大定番コース!京都の桜の名所

【嵐山】

古くから桜の名所として名高い、嵐山。桂川や保津川沿いに桜並木が続き、山全体に桜景色が広がり、桜の満開時期には空気までもが淡いピンクに染まるようです。渡月橋越しに嵐山を望む景色は、まるで絵はがきのよう。例年の見ごろ・満開は3月下旬~4月上旬。


嵐山は、渡月橋を中心にしたエリア。京都市内で自然を楽しむことができるスポットで、駅から近く、アクセスが抜群。春には、嵐山全体がお花見スポットになります。満開の桜と渡月橋を眺めながら、川沿いでのんびりお弁当を楽しむのも良いでしょう。小さな子供連れの家族旅行や女子旅、カップルにおすすめの観光名所です。


桜や紅葉、新緑の名所、嵐山。嵐山から奥は嵯峨野と呼ばれるエリアで、世界遺産の「天龍寺」をはじめ、「宝筐院(ほうきょういん)」「野宮神社(ののみやじんじゃ)」「常寂光寺(じょうじゃっこうじ)」「祇王寺」「二尊院」「車折(くるまざき)神社」「清凉寺」「大覚寺」が点在。竹林の小径やトロッコ列車など、人気の観光スポットがたくさん。

野宮神社は、縁結び・恋愛成就で名高いパワースポット。「お亀石」を撫でながらお祈りすると、1年以内に願いごとが成就するそう。源氏物語とゆかりのある神社で、良縁・縁結びのお守りも人気があります。縁結びや願いごとを祈願し、桜を楽しみながら、嵯峨野の小道を散策するのもおすすめです。


嵐山は、山沿いに風情のある神社仏閣が多く建ち並び、穴場のスポットもたくさん。「大悲閣 千光寺」や「宝厳院」「法輪寺」「厭離庵(えんりあん)」「鹿王院」「化野念仏寺(あだしのねんぶつじ)」「愛宕念仏寺(おたぎねんぶつじ)」「直指庵」「檀林寺」「滝口寺」「證安院(しょうあんいん)」「印空寺 」「弘源寺」「広沢池」「大沢池」といった風情のある場所が多い。

可愛いお地蔵さまにふと足を止め、心を落ち着かせるのも良いでしょう。可愛い京土産も多く、旅の思い出におすすめです。

<基本情報>
住所:京都府京都市右京区
アクセス:阪急電車「嵐山駅」、JR「嵯峨嵐山駅」、嵐電「嵐山駅」
例年の見ごろ:3月下旬~4月下旬




【東山】

京都の女子旅でも人気のエリアが「東山」。京都市の東山エリアは、「清水寺」や「八坂神社」「南禅寺」「知恩院」「永観堂(禅林寺)」「平安神宮」など、有名な神社仏閣が数多く集まる定番の人気観光地です。和スイーツや可愛い京土産もたくさん。


悪縁を切り、良縁を結ぶ「安井金比羅宮」。お手玉のようなカラフルな布袋がたくさんぶら下がる「八坂庚申堂」。八坂神社の境内にある、美のパワースポット「美御前社(うつくしごぜんしゃ)」。“恋占いの石”で人気の恋愛成就のパワースポット「地主(じしゅ)神社」。狛うさぎ、招きうさぎなど、すべてがうさぎの「岡崎神社」など、フォトジェニックでインスタ映え抜群のスポットが多いエリアです。


東山も、桜の名所が集まる人気の観光地。「哲学の道」や「円山公園」「祇園白川」といった桜の名所を中心に、「蹴上(けあげ)インクライン」や「岡崎疏水」「ねねの道」には桜並木が続き、京都らしい風情も楽しむことができます。


清水寺の参道となる「二年坂(二寧坂)」、「三年坂(産寧坂)」も京情緒があり、京料理店「明保野亭」から枝垂れ桜ごしに見る産寧坂も風情があります。レンタル着物で、桜巡りを楽しむのもおすすめです。


東山にも、「高台寺」や「圓徳院」「青蓮院門跡」「真如堂(真正極楽寺)」といった風情のある寺院が多く、「八坂の塔(法観寺)」では、五重塔と桜のコラボも美しい。さらに「将軍塚」といった桜の穴場スポットも。

東山エリアは広いので、「祇園白川~八坂神社・円山公園周辺エリア(知恩院、青蓮院門跡)」「高台寺・圓徳院~ねねの道~八坂の塔(法観寺)~二年・三年坂~清水寺」「平安神宮~岡崎疏水~南禅寺~蹴上インクライン」「永観堂(禅林寺)~哲学の道~法然院~銀閣寺」というように、4カ所ほどのエリアに分けて桜めぐりを楽しむのがおすすめです。

<基本情報>
住所:京都府京都市東山区
アクセス:阪急電車「京都河原町駅」など
例年の見ごろ:3月下旬~4月下旬





ライトアップ・夜桜も楽しめる!京都の桜名所

【清水寺・地主(じしゅ)神社】

“清水の舞台”で知られる世界遺産の「清水寺」。紅葉だけでなく、桜の名所でもあります。ソメイヨシノやヤマザクラなど、約1500本が咲き誇り、清水の舞台からの眺めは絶景。舞台の下には音羽の滝、敷地内には恋愛成就のパワースポットの「地主(じしゅ)神社」も。紅葉のライトアップも幻想的な美しさ。

「地主神社」には、八重と一重の花が同時に咲くという珍しい「地主桜」があります。地主神社は、良縁&縁結び、恋愛成就のパワースポット。恋の成就を占う「恋占いの石」や「恋占いおみくじ」も人気があるので、お花見と一緒に楽しむのもおすすめです。

<基本情報>
住所:京都府京都市東山区清水294
アクセス:京阪電車「清水五条駅」から徒歩約20分、市バス「五条坂」「清水道」から徒歩約10分
料金:大人400円、小中学生200円
備考:3月6日~15日の「京都東山花灯路」は中止。夜間特別拝観は3月27日~4月5日(18:00~21:30)




【祇園白川】

八坂神社の門前茶屋町として栄えた祇園新橋界隈。京格子のお茶屋、石畳と白川のせせらぎ、そぞろ歩く芸舞妓さん、辰巳大明神の鳥居や朱色の灯籠など、「祇園白川」では京都らしい風情を楽しむことができます。桜の見ごろの時期はライトアップ(祇園白川さくらライトアップ ※2020年度は中止)が行われる、SNS・インスタ映え抜群のスポット。女子であれば、レンタル着物での散策もおすすめです。

<基本情報>
住所:京都府京都市東山区祇園新橋周辺、白川南通
アクセス:京阪電車「祇園四条駅」、阪急電車「京都河原町駅」から徒歩約5分
例年の見ごろ:3月下旬~4月上旬
料金:無料
備考:2020年度の「祇園白川さくらライトアップ」は中止




【平野神社】

“東は祇園、西は平野”と呼ばれる「平野神社」。京都屈指の桜の名所です。桜が約60種400本と多く、早咲きから遅咲きまで、約1カ月半にわたって桜を楽しむことができます。桜茶屋の出店期間(2020年度は出店中止)とあわせ、夜桜のライトアップが行われます。

<基本情報>
住所:京都府京都市北区平野宮本町1
アクセス:嵐電「北野白梅町駅」から徒歩約10分
例年の見ごろ:3月中旬~4月下旬
料金:無料
備考:2020年度の桜茶屋の出店は中止




【円山公園】

円山公園は、京都市最古の公園。日本庭園もあり、四季折々の景色を楽しむことができます。桜の名所でもあり、歌人・与謝野晶子も愛でた「祇園のしだれ」が有名。ライトアップ(2020年度は中止)も行われ、夜桜の名所としても人気のスポット。多くの花見客で賑わいます。

近くには八坂神社や高台寺、圓徳院、安井金毘羅宮、八坂の塔、知恩院、青蓮院門跡といった観光スポットも。

<基本情報>
住所:京都府京都市東山区円山町463
アクセス:京阪電車「祇園四条駅」から徒歩約10分
例年の見ごろ:3月下旬~4月上旬
料金:無料
備考:2020年度のシダレザクラのライトアップ、長時間にわたる宴会・飲食などは中止




【平安神宮】

平安神宮は、明治時代に平安遷都1100年祭を記念し、平安京遷都当時の大内裏の一部を復元した建物。京都三大祭りの一つ「時代祭」は、平安神宮の大祭です。広大な神苑では、ヤエベニシダレザクラが咲き誇り、艶やかな朱色の社殿とのコラボが美しい。

東神苑と南神苑で紅枝垂れ桜がライトアップされ、桜のライトアップと雅楽演奏が楽しめる「紅しだれコンサート」も開催(2020年度は中止)。

<基本情報>
住所:京都府京都市左京区岡崎西天王町97
アクセス:市バス「岡崎公園 美術館・平安神宮前」から徒歩約3分
例年の見ごろ:3月下旬~4月中旬
期間・時間:参拝は6:00~、神苑拝観は8:30~、観桜茶会は4月1日~4月14日(9:00~16:00頃)
料金:神苑入苑料が大人600円、子ども300円、お茶券が800円
備考:2020年度の「紅しだれコンサート」は中止




【知恩院】

知恩院は、法然上人を開祖とする浄土宗の総本山。風格ある三門の左右を、桜が春色に染めます。ソメイヨシノやヤマザクラ、シダレザクラ、ヤエザクラなど約200本の桜が植えられ、3月下旬から4月上旬に見ごろ・満開を迎えます。

<基本情報>
住所:京都府京都市東山区林下町400
アクセス:市バス「知恩院前」から徒歩約5分
例年の見ごろ:3月下旬~4月上旬
時間:9:00~16:00
料金:境内無料(方丈庭園400円、友禅苑300円)
備考:2020年度の知恩院春のライトアップは中止




【下木屋町(木屋町通)】

木屋町通は、二条通から七条通まで続く全長約2.8キロメートルの道路。高瀬川のせせらぎに沿って、二条から五条までにソメイヨシノなどの桜並木が続き、満開・見ごろの時期(3月下旬~4月上旬)には、桜のライトアップ(木屋町通桜ライトアップ)も行われます。

<基本情報>
住所:京都府京都市中京区・下京区
アクセス:阪急電車「京都河原町駅」すぐ
例年の見ごろ:3月下旬~4月上旬
期間・時間:2020年のライトアップは未定
料金:無料





あなたの知らない
しおりをご紹介!

create このしおりを書いたライター

このライターのしおり