search

close
2019-12-25

【2019-20年】あしかがフラワーパークのイルミネーション、空いている時間帯に行ってみた!

栃木県「あしかがフラワーパーク」のイルミネーション『光の花の庭 フラワーファンタジー』は日本三大イルミネーションのひとつで、夜景鑑賞士が選ぶ「illumination AWARD」で4年連続全国第1位に輝いた、国内最高峰のイルミネーション。

今年度は2019年11月2日(土)〜 2020年2月6日(木)の期間、開催されているということで 12月中旬の土曜日に行ってきました!




2019-20年の混雑状況、空いている時間帯は?

とても人気のイルミネーションイベントなので、気になるのはやっぱり混雑状況!
高速道路の出口から混雑していて駐車場に車を駐めるのもひと苦労...みたいな話もちょこちょこ耳にしていました。しかも今回、到着予定時刻が20:30だったので混雑していたら入園できない可能性もあってドキドキ(イルミネーション期間中の開園時間:平日 - 21:00まで、土日祝 - 21:30まで ※最終入場は閉園30分前)。

しかし予想に反して、最寄りのインターチェンジ「佐野藤岡I.C.」で降りる車はほとんどおらず、あしかがフラワーパークまでもスイスイと順調に進んで予定通り20:30ごろ到着しました。
大きな臨時駐車場がいくつもあり、駐車場待ちもありませんでした。しかも遅い時間だったおかげか、臨時駐車場ではなく正面ゲートに近い駐車場に駐めることができました。

混雑が嫌だったら閉園1時間前くらいに訪れるのがおすすめ!休日でも自分のペースで回れて、タイミングによっては写真に人が写り込まないくらい空いていましたよ。
早い時間も比較空いているようですが、早い時間だと真っ暗になる前なのでやっぱり遅い時間がいいと思います。


少し遅い時間でしたが1時間ほどで一応園内のすべてのイルミネーションを見て回ることができたので、ここからは特に印象に残ったイルミネーションをご紹介します!




圧巻のイルミネーションの数々!

・レインボーマジック

正面ゲートから園内に入って、まず目に飛び込んできたのは「レインボーマジック」。2018年に初お披露目されたレインボーマジックは、虹以外にも夜空や花などさまざまな模様に刻々と変わっていきます。虹の横には光のお花畑や銀河鉄道などもあり、とても華やか。



・光のフラワーステージ

レインボーマジックの手前にあるのが、花壇に咲く本物の花と水路に咲くイルミネーションの花のコラボが美しい「光のフラワーステージ」。流れる音楽に合わせて水路に咲く光のスイレンがきらめきます。光のフラワーステージの近くには、フォトスポットと写真撮影サービスがあるので記念に一枚撮ってもらってもいいかも!



・奇蹟の大藤

あしかがフラワーパークのメインスポットともいうべき大藤の藤棚をイルミネーションで再現した「奇蹟の大藤」。1,000㎡という広い範囲にLEDライトが咲き広がる幻想的なエリアです。藤の花が咲き始め、満開を迎え、散るという一連の流れが点滅やウェーブなどのライティングで再現されており、さらに風に揺らめく様はまるで本物の藤のようです。

カメラの広角レンズを持っていない方は、iPhoneのパノラマ機能を利用して写真を撮影するとよりダイナミックな写真を撮ることができます。



・きばな藤のトンネル

きばな藤をイメージした黄色のイルミネーションがおよそ80m続く「きばな藤のトンネル」。本物のきばな藤らしさを表現するために、およそ10万球の電球はスタッフがひとつひとつ手塗りして色にムラを出しているのだとか!



・光のふじのはな物語

大長藤エリアの「光のふじのはな物語」は今年新設されたスポット。大長藤は本来淡い紫色ですが、光のふじのはな物語のイルミネーションでは藤の色が4色に移り変わっていきます。イルミネーションだからこそ表現できる美しい色合いは、しばらく見ていても飽きない美しさです。

水面に映るイルミネーションがこれまた美しい!水に浮かぶ花々も華やかです。



・フラワーキャッスル

光のお城に光のお花畑という、まるで童話の中に迷い込んだようなメルヘンな空間が広がる「フラワーキャッスル」。お城の後ろでは光の花火も打ち上がり、とても華やかな雰囲気です。お城の中にも入れるようですが、結構並んでいてそれなりに待ちそうでした。



・生命の樹

さまざまなオーナメントとイルミネーションで装飾された大きな一本の木「生命の樹」。近づいてよーく見てみると、木には色とりどりの光る蝶々やカブトムシなどが止まっていました。




光るキャンディーを食べながら園内を巡る

美しいイルミネーションもさることながら、かなり多くの人がなにか光るものをくわえながら歩いていることに驚きました!

皆が食べていたのは「Fantasy Candy(400円)」というキャンディー。私はクローバーの形をしたメロンソーダ味を食べましたが、クマの形をしたぶどう味など全8種類あり、バリエーション豊富でした。西ゲート付近で販売されていましたよ。

ちなみにびっくりするほど甘いので、飲み物も一緒に買っておくといいでしょう!




ちなみに私が訪れた12月中旬は「クリスマスファンタジー」というテーマのイルミネーションでしたが、元旦からは「光と冬咲きボタンの競演」というテーマのイルミネーションが行われるみたいです。クリスマス感を味わいたかったら12月中に足を運びましょう!




あなたの知らない
しおりをご紹介!

create このしおりを書いたライター

このライターのしおり