search

close


「日本から一番近いヨーロッパの国」として知られ、近年日本人観光客のあいだでも人気の旅行先となっている北欧フィンランド。

首都のヘルシンキは森と湖、そして美しい街並みに囲まれ一年中多くの観光客で賑わう都市です。

そんな魅力たっぷりのヘルシンキで「訪れたらしたい!10のこと」をご紹介したいと思います!




1. ヘルシンキ大聖堂を見てみる

ヘルシンキに到着してからまず見ておきたいのがやはりこの大聖堂。

実際に見ると、想像よりも大きく白色の外壁が非常に素敵で、何度でも見たいと思ってしまうほど。
筆者はこちらに住み始めてからも定期的に訪れています。

もちろん中にも入ることができますよ。

日時によってはオルガンの生演奏も聞けますので、スケジュールをご覧になってみてください。




2. 港でたそがれてみる

大聖堂から徒歩約5分の「Kauppatori(マーケット広場)」でたそがれてみましょう。
こちらの港は、Suomenlinna(スオメンリンナ)と呼ばれる世界遺産にも登録された小さな島に行くフェリーの出発港にもなっています。

夏季には様々な出店が出ているので、ランチをしたりお茶をするのもおすすめです!




3. 街歩きをする

ヘルシンキの魅力は何といっても、"コンパクトな街の中に素敵な景色が溢れている"こと。

街中にはもちろんトラムやバスも走っていますが、せっかくなので歩いてヘルシンキの街並みに触れてみましょう!

季節ごとに姿を変えるヘルシンキ。秋の紅葉は何度見ても飽きません。




4. 素敵なカフェで休憩する

日本では見つけられないようなユニークでおしゃれなカフェが溢れています。
歩くのに疲れたらカフェで一息しましょう。

おすすめはPunavuori(プナヴオリ)とTöölö(トゥーロ)地区にあるカフェ「Relove」。

こちらのカフェは、セカンドハンドショップが隣接しています。
お茶のついでに掘り出し物も見つかるかもしれない素敵なお店です。




5. フェリーでSuomenlinna(スオメンリンナ)に行く

Kauppatori(マーケット広場)から約15分のフェリー旅をして、ショートトリップをしに行きましょう。

かつて要塞としての役割を担ってスオメンリンナは18世期に建設が開始されました。
1991年には島全体が世界遺産にも登録され、現在も多くの観光客が訪れるだけでなく、800人もの人々が居住しています。

島内にはカフェやレストラン、スーパーマーケットもあるので、食料を買ってピクニックなんかもおすすめ。




6. セカンドハンドショップで掘り出し物を見つける

フィンランドに訪れる人に是非立ち寄っていただきたいのがセカンドハンドショップ。

日本では誰かのお下がりを買うことは少ないかと思いますが、北欧では “同じものを長く使う文化” が生活に浸透しており、街中にセカンドハンドショップが溢れています。

もちろん商品は洋服だけではなく、食器や家具まで様々です。

Arabiaやiittalaの食器も安くなっていることもしばしば!




7. サウナに入ってみる

▲「Löyly Sauna(ロウリュサウナ)」でサウナの合間に外で休憩する人々

「フィンランド=サウナ」というイメージをお持ちの方も多いかと思います。

実際、ヘルシンキ市内には多数の公共サウナがあり、アパートや家にもサウナが付いているということが比較的一般的です。

ちなみに、フィンランド全体の人口約530万人に対し、サウナの数はなんと約200万あると言われています!




8. 自然に触れる

国土の7割以上を森林が占めているフィンランド。
ヘルシンキ市内にも自然に触れられるスポットがたくさんあります。

中央駅からバスで約40分のSeurasaari(セウラサーリ)は、島全体が公園として開放されており、季節を問わず地元の人の人気散歩スポットとなっています。

夏にはビーチで泳ぐ人々を見かけることも。




9. 少し上級なレストランで食事する

旅の最終日には少し上級なレストランでディナーをしてみてはいかがでしょうか。

街を歩いていると、つい入ってみたくなるような素敵なレストランで溢れているヘルシンキ。お気に入りのレストランを見つけてみてください。
旅の良い思い出になること間違いなし!




10. バーでほろ酔いになる

ディナーの後はバーでもう一杯。夜はまだ続きます。

フィンランドは治安が良く女性だけでも気軽に入れるおしゃれなバーがたくさんあるので、自由気ままに歩いて見つけたバーにふらっと入ってみるのがおすすめです。

是非ヘルシンキのナイトライフを楽しんでみてください。




まとめ

ヘルシンキは、街歩きをしながら気になったお店に気軽に入ったり、自然に触れることのできる環境の整った都市です。そんなヘルシンキの魅力を実際に感じる旅をしてみてはいかがでしょうか。


あなたの知らない
しおりをご紹介!

create このしおりを書いたライター