search

close
2018-04-04

【愛媛】まるで「千と千尋の神隠し」の世界。下灘駅と、海に続く線路

青春18きっぷのポスターで有名な、愛媛県伊予市のJR「下灘(しもなだ)駅」。1〜2時間に1本しか電車が停まらない、海辺の無人駅です。

目の前いっぱいに青い海と空が広がるこの駅は、“一度は降りてみたい駅” と言われるほどの美しさ。ドラマや映画の舞台にも採用されており、無人駅にも関わらず連日多くの観光客が訪れるスポットとなっています。



実はこの下灘駅のすぐそばに、『千と千尋の神隠し』の世界そのものだとSNSで話題になっている場所があるんです。




銭婆に会いに行けそうな線路

ジブリ作品『千と千尋の神隠し』の中で、水の上を走る電車に乗って銭婆(ぜにーば)に会いに行くシーンがあるのを覚えていますか?

そのシーンを彷彿とさせる場所がこちら・・・!

海の中へと続く線路があるんです!

SNSでは「海に続く線路」または「海に沈む線路」と呼ばれているスポット。近くで見てみると電車の線路ほど丈夫な作りではありませんでした。貨物か何かを運び入れるためのものでしょうか。




海に続く線路への行き方

海に続く線路がある場所は、冒頭でご紹介した「下灘駅」から徒歩約10分。Google Mapでは「しもなだ運動公園」横の「青石海岸」と記載されている場所を目指してください。


車で行かれる方は、下灘駅の駐車場のほか、付近の臨時駐車場やしもなだ運動公園の駐車場が利用できます。いずれも無料でした。


海水の透明度が高く、橋から見おろすととても綺麗に見えます。

橋の上には歩行者用の白線が引いてあるものの、しっかりとした歩道があるわけではありません。車の往来が激しい場所ですので、くれぐれも事故に遭わないよう気を付けてくださいね!





あわせて寄りたい珈琲屋さん

海に続く線路へ行ったあとは、オープンエアなコーヒースタンドでちょっと休憩していきましょう。

こちらは、下灘駅前に昨年の春オープンした「下灘珈琲」。基本的に土日と祝日のみの営業ですが、平日(夕日の綺麗な日)は15時頃からオープンしていることもあるそうです。

▲「ゆずスカッシュ」(450円)と「みかんジュース(温州)」(500円)

ドリンクメニューはコーヒーや紅茶のほか、みかんジュース(温州、河内晩柑)やレモネード、ゆずジュース、ゆずスカッシュなどがありました。柑橘系ドリンクが充実しているのは、みかん大国・愛媛ならではですね。

下灘珈琲のワゴン横には、その日の日没時間が書かれたボードがありました。下灘駅周辺は “沈む夕日が立ちどまる町” と言われるほど、夕日が美しく見えるスポットとして有名なんだそう。次はサンセットに合わせて来てみたいなあ・・・。




また来たくなる魅力がいっぱい。

「下灘駅のまわりは何もないよ」と愛媛出身者に言われていたのですが、実際に訪れてみると、都心部にはない魅力で溢れていました。

海沿いに咲き乱れる桜や菜の花、空と海しか見えない駅のホーム、1両編成の可愛い電車、海へと続く不思議な線路・・・。“一度は降りてみたい駅” と称されるのも納得です。

あなたもお気に入りのカメラを持って、下灘駅へ旅してみませんか?



*関連記事

>>【愛媛】『坊っちゃん』の舞台! 道後温泉・ハイカラ通りを歩こう(ライター:ちゃんちか)

>>『千と千尋の神隠し』のモデル地! 江戸東京たてもの園では釜爺の仕事場も見学できる(itta編集部)


あなたの知らない
しおりをご紹介!

create このしおりを書いたライター

このライターのしおり