search

close

こんにちは!itta編集部です。
最近本格的に寒くなってきましたね!寒くて外に出たくないお休みの日は、おうちで映画を観て旅気分に浸ってみるのはいかがでしょう。

今回は、今すぐパスポートを持って旅に出たくなるような、旅ゴコロくすぐる映画を5つ厳選しました。それぞれのロケ地に実際に行ったライターさんの旅のしおりも、あわせてご紹介します!

 

1.『LIFE!』

妄想癖のある冴えない主人公が、NYからグリーンランド、アイスランド、ヒマラヤへと勢いに任せて駆け回り、大きく変わっていく作品。旅に出る前に比べ、なんだか少し格好良くなる主人公の顔つきに、観ているこちらも嬉しくなります。

そしてこの作品は、舞台の美しすぎる大自然にも注目!

 

◎ロケ地はどんなところ?

作中で旅しているシーンのほとんどは、アイスランドで撮影されたそうです。

アイスランドといえば、広大な黒い大地に火山、氷河、滝、フィヨルドなど、壮大な景色が広がる自然の宝庫!

 

「地球の割れ目」や「世界最大の露天風呂」など、アイスランドへ実際に行ったライターさんの旅のしおりは驚きの連続です!

 

>>「【アイスランド】アイスランドで生きている地球を実感しよう!」(ライター:BLUE)

 

 

2.『SEX AND THE CITY2』

世界中の女性たちを熱狂させた大人気TVシリーズの映画化第2弾『SEX AND THE CITY2』。笑いを随所に交えながら女の友情や恋愛を描いたストーリーも面白いのですが、何といってもこの作品は、「中東に行きたい!!!」と思わせるパワーがすごいんです。

 

◎ロケ地はどんなところ?

作中で4人が旅するのはアブダビという設定ですが、実際のロケ地はモロッコ。 スーク(=市場)のシーンは、モロッコ中央部の都市「マラケシュ」で撮影されました。

 

迷路のようなスークは、まさに雑貨天国!
異国情緒たっぷりのランプや美しい陶器など、見て歩くだけでもわくわくしますね。

 

伝統的な履き物「バブーシュ」が可愛い♪
映画を見れば、きっとあなたも可愛い靴を探しにスークへ行きたくなるはず...!

 

>>「【モロッコ】ジャマ・エル・フナ広場を楽しもう inマラケシュ」(ライター:BLUE)

 

また、この映画では砂漠のシーンにも注目です!

4人と同じようにラクダに乗ってみたい!という方はぜひ、実際にサハラ砂漠でラクダに乗ったライターさんの旅のしおりもチェックしてみてください。

 

>>「【モロッコ】都市と砂漠、動と静を感じるモロッコ」(ライター:BLUE)

 

 

3.『ハングオーバー』

酒を飲みすぎて昨晩の記憶が全く無い、ハングオーバー(=二日酔い)なダメ男たちのドタバタコメディー。独身最後のひとときを過ごすために、男だけでラスベガスへ旅立ちます。コメディー映画ではありますがストーリーがしっかりしていてミステリー的要素もあり、普段あまりコメディーを見ない方にもおすすめです!

 

◎ロケ地はどんなところ?

『ハングオーバー』(第1作)の舞台はラスベガス。作中に登場した老舗ホテル「シーザーズパレス」は、この映画をきっかけに宿泊客が急増したそうです。

ラスベガスは、そりゃあお酒飲んではしゃぎたくなるよねってぐらいエンターテイメントに溢れた街。アトラクションやショッピング、街の至る所で行われるショーなど、カジノに興味が無い方でも充分楽しめる要素が詰まっています!

 

作中では、車でラスベガスへ向かう爽快なシーンが印象的。
ハングオーバー気分でLAからラスベガスへ レンタカーで行ったライターさんの旅のしおりも、ぜひチェックしてみてください!

 

>>「【ラスベガス】街全体がエンターテイメント☆おおきみかアメリカ横断中21」(ライター:おおきみか)

 

 

4.『ローマの休日』

色褪せない名作『ローマの休日』。
この作品に影響されて、「見知らぬ街へ繰り出したい!」「オードリーヘップバーンと同じ場所でジェラートを食べたい!」と思った方も少なくないと思います。

 

◎ロケ地はどんなところ?

タイトルにも入っている通り、ロケ地はイタリアの首都・ローマ。 「トレビの泉」や「真実の口」、「コロッセオ」など、主人公の訪れた場所を巡る旅をしてみたい!

 

ローマは建物の修復工事が多いので、行かれる際は要注意です!
『ローマの休日』の舞台を歩きたくてローマへ行ったライターさんも、作中で主人公がジェラートを食べていた「スペイン広場」が工事中でがっかりしたそう。歴史的建造物が多いので、その美しさを守っていくためには仕方ないのかもしれませんね。(ちなみに、現在スペイン広場は飲食物持ち込み禁止となっているので、ローマの休日ごっこができません。ご注意ください。)

 

>>「地中海クルーズ ~『ローマの休日』の舞台を歩く~」(ライター:Sarah)

 

 

5.『インディ・ジョーンズ』

考古学者の主人公が秘宝を巡って冒険する『インディ・ジョーンズ』シリーズ。
シリーズ全部をしっかりと見たことはなくても、ディズニーシーのアトラクションでなんとなく話を知っているという方が多いのではないでしょうか。
5作目が2019年に公開予定とのことですので、まだ観たことのない方はもちろん、これまでのシリーズはすでに観たという方ももう一度復習しておきたいところ!

 

 

◎ロケ地はどんなところ?

『インディ・ジョーンズ 最後の聖戦』の舞台となったのは、ヨルダンのペトラ遺跡。 遺跡の大部分は未発掘だと言われており、現在も調査が続けられている謎の多い地です。

古代都市への入り口は、そびえ立つ岩の間の狭い峡谷。写真を見ているだけでも冒険心が掻き立てられますね!

 

狭い通路を抜けた先に現れるのが、『インディ・ジョーンズ 最後の聖戦』に登場した「エルカズネ」。岩肌を削って造られた巨大な遺跡は圧巻です!!

 

ペトラ遺跡の公開されているエリアはほんの一部ですが、それでも1日で全て回りきるのが難しいほど広大なので、馬タク・ラクダタク・ロバタクなどを利用するのも手。

 

なかなか気軽に行ける場所ではありませんが、だからこそ、実際に自分の目で見たときには想像以上の感動を味わえるはず。『インディ・ジョーンズ』を観て冒険に出たくなった方はぜひ、ペトラ遺跡へ行ったライターさんの旅のしおりも覗いてみてくださいね。

 

>>「【ヨルダン】 どこまでも続く赤い大地、ペトラ遺跡を攻略する6つの大冒険!」(ライター:BLUE)

 

映画で世界旅行へ!

今回はメジャーな作品ばかりでしたが、どれも旅ゴコロが刺激され、何度観ても飽きない名作ばかりです。次の旅先に迷っている方は、お気に入りの映画の舞台となった土地へ行って主人公気分を味わってみてはいかがでしょうか!

 

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
▽ SNSでも旅のしおりを配信中!
 ぜひフォローしてみてください♪
Facebook:facebook.com/itta.info
Twitter:@itta_info
Instagram:@itta_travel  #ここにitta
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

→ittaライター募集 [Wanted!]

 

あなたの知らない
しおりをご紹介!

create このしおりを書いたライター

このライターのしおり